「一緒にやろう」はウソだったの?家事育児をしない夫。分担が成功した秘策とは? #ママ戦記6

【ママ戦記】第6話。産後間もない妻をよそに、家事をせずゲームをする夫……。そしてついに、家事育児分担をかけて、戦うことに……!?

続きを読む

【ママ戦記】第6話

結婚前に「仕事を続けたいから、家事や育児を一緒にできる人としか結婚するつもりないの」と旦那さんに伝えた、ものうさん。

 

しかし、産後間もない妻をよそに、家事をせずゲームをする夫……。そしてついに、家事育児分担をかけて、戦うことに……!?

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

 

【ママ戦記】第6話

 

【ママ戦記】第6話

 

 

今の日本で、仕事をしながら、妊娠・出産・子育てをすることは、とても大変なことだと覚悟していたものの、想像以上に厳しい現実が待っていました。

 

特に産後は、血と糞尿と母乳にまみれ、ホルモンバランスの影響も相まって、戦場にいるような気分でした。そして、子どもが2歳になった今もその大変さは続いています。

 

毎日が戦いです。


女の人が経済的に自立しながら子どもを産み育てることは、どうしてこんなに過酷なのでしょうか。

 

なぜそうなったのか、どうしたら変わるのか。

この問題を考えるために、まず私個人が感じたことを、記録しようと思いました。
このマンガが、同じような立場で日々奮闘していらっしゃるみなさんの息抜きになれたらうれしいです。

 


ものうはなこさんは、家事育児の分担ポイント表を制作して、見える化し、夫に提示することで、ようやく分担をしてもらえるようになりました。

 

妊娠中はひどいつわりと戦い、産後は不安定なメンタルに振り回され、理解のない夫に憤り、毎日育児と家事に追われる……。そんな働くママの現実が浮き彫りになる、ものうはなこさんのマンガをご紹介しました。

「私も同じだ……」というママも多いのではないでしょうか。

 

まずは身近な夫や家族、そして職場や社会など、もっともっとママたちへの理解が広まっていくことを願いたいです。

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターものうはなこ

    2歳男子と夫との3人暮らし。 フルタイムで働くワーママ。 妊娠・出産・共働き育児をテーマに、 日々を記録する漫画を描いております。

    同じ著者の連載

    • 通報
      夫が真面目に働けば女と子供くらい余裕で養えて家が建つくらいの給料を保障できる社会が本当は正しいと思う。 男女平等といっても、小学生の頃からすでに月一の生理で月の半分以上は万全な体調でいられない生物学的… もっと見る
      夫が真面目に働けば女と子供くらい余裕で養えて家が建つくらいの給料を保障できる社会が本当は正しいと思う。
      男女平等といっても、小学生の頃からすでに月一の生理で月の半分以上は万全な体調でいられない生物学的な肉体を持っていて、全て同じに振る舞えるわけがない。
      仕事がしたい女性、能力を発揮できる女性は当然仕事をすべきだと思う。
      その場合は妻一人でも十分成り立つ給料形態がやっぱり必要で、全員が全員血眼になって心身ボロボロになんなきゃ将来不安ばっかって現状が異常だと思うわ。
      だって夫もなんだかんだ6時起床の18時〜20時帰宅とかのパターン多いと思うけど、こっから怒涛の家事やって土日もみっちり家事な!って自分の身に置き換えたら拷問だわ…。

      それこそもっと金銭に余裕があったらナニーさんとか健康配慮のデリバリーだって頼めるじゃん。
      カッツカツの雇用形態が「一緒にやりたいがキツくてできない」の元凶だと思う。
      +79 -17
    • 通報
      やらないのは出来ないのと一緒ですよね。

      てか、洗濯機の上に乾燥済みの服を置くのが理解出来ないです…
      せめてカゴに…
      +48 -3
    • 通報
      1人暮らしして家事できても結婚したら妻に丸投げする男性や子供できたら何故かしなくなる男性、産休育休入ったらしなくなる男性はいます。 この男性もそのタイプだったのではないでしょうか。 冒頭の話は結婚前… もっと見る
      1人暮らしして家事できても結婚したら妻に丸投げする男性や子供できたら何故かしなくなる男性、産休育休入ったらしなくなる男性はいます。
      この男性もそのタイプだったのではないでしょうか。

      冒頭の話は結婚前の事で、分担可能な男性だから結婚に踏み切ったと思うので…。
      +104 -6

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP