夏まつりにて…爽やかさ100%の保育園の先生がかっこよすぎる!!

2020/08/19 10:25
12
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第367話。帰りたくなってしまった保育園の夏まつりでしたが、担任の先生のおかげで帰りたい度が下がったそうです。
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
やましたともこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

保育園の夏まつりに遊びに来た私たち。

 

いつもと違って人でごった返す保育園の様子や、キラキラの進化系浴衣などにやられてスッカリ家に帰りたいモードになっていたそのときに、N子の担任の先生がN子を見つけてこっちに来てくれました。

 

やっと知ってる顔を見てほっと一息。

 

乳児のゲームはあっちで、食べ物とかはこっちが多いから一周まわってチェックしてみて〜と説明してくれました。
 

しかも、先生はヨーヨーコーナーを担当していたらしく「私ヨーヨーにおるから後できてな!」とN子を誘ってくれました。

 

 

育児日記(4コママンガ)

 

「私ヨーヨーにおるから後できてな!」

 

私の地元では、ヤンキー系の先輩がお祭りの露店屋さんのお手伝いをしていることが多かったので(昔の話です。今は不明)、あの金髪の悪そうな先輩たちが言ってそうなそのセリフを、爽やかさ100%の保育園の先生から聞くギャップに驚きつつ、汗をかいて祭りを仕切っている先生たちにかっこよさを覚えました。

 

そして、初めてのイベントに震え上がっていた私には、その時の先生の安心感ったらなかったよね。先生のおかげで、帰りたい度がほぼ100やったけど、40くらいまでは下がったかな?て感じでした〜。

 

(※このお話は、現在小学校3年生の長女N子が0歳児だった頃のお話です。)

 

<つづく>

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。



この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。