マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

わが子がけいれんで頭を打って倒れた?保育園からの電話に頭が真っ白に

29

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

長女N子が1歳のときのお話です。
 

仕事中に保育園から電話がかかってきました。今までに何度か描かせて頂いたことがあるので、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、うちのN子は小さいころ、趣味・特技のレベルでとにかく頻繁に病気になっていたので、保育園からお迎えの電話がかかってくるのは全然珍しいことではありませんでした。

 

育児日記(4コママンガ)

 

いつものように「またお迎えか〜」と思いながら電話に出たら、いつもとは違う緊張した声で主任の先生が長々と何かの説明を始めたのです。突然のイレギュラーな出来事に驚いて、先生の話をあまり理解できなかったのですが、キーワードとしては「けいれん」「倒れた」「頭を打った」「救急車」などなどの怖い言葉が聞こえてきたのを覚えています。

 

ドクン!となりました。とにかくよく分からんままに電話を切って、パピーちゃんに電話をしました。それから何だかふわふわとした夢の中みたいな気持ちで服を着替え、いつもの自転車でいつもの保育園に着くと、保育園の前に救急車が止まっていて、その横に園長先生と担任の先生が待ち構えていました。その保育園のただならぬ雰囲気にドキドキが止まりませんでした。

 

どうなるN子!次回に続く〜!

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 377話

「熱があっても……?!」わが子の発熱時に不思議に思ったこと

次の話を読む 379話

けいれんで倒れたわが子…!救急車よ!早く、早く、病院へ〜!!

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。