「体が覚えているから続く!」ラジオ体操を続けただけで1カ月で2kg減!【体験談】

昨年、糖質ダイエットをして半年で10kg痩せた私。その後も食事や生活習慣に気を付けてはいたのですが、コロナ禍の外出自粛で生活リズムが変化したのもあり、少しずつ体重が増えています……。日常の買い物も1週間分をまとめてするなど毎日の活動量が減っているせいもあるのか、普段はいているジーンズがきつく感じるようになっていました。そこで簡単な運動をしたいと思ってラジオ体操を始めてみたら……。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

 

続きを読む

きっかけは好きな芸能人の動画

YouTubeイメージ

 

コロナ禍の外出自粛で歩いたり動いたりすることが減ったのが原因なのか、体が重く感じるようになっていました。この時期はウォーキングに出るのもはばかられる毎日でした。更年期世代はホルモンの乱れから太りやすいとネットの記事などでも見たこともあり、体がなまっていると感じていたので何か家の中でできる簡単な運動を探しているところでした。

 

そんなとき、好きな芸能人のYouTubeチャンネルでその人がラジオ体操をしているのを見て、思わず「これだ!!!」と叫びそうになりました。一生懸命画面を見なくても、何も考えなくても、音楽を聞けば勝手に体が動いてしまうラジオ体操。これこそ私が今必要としていた運動だ!とうれしくなったのです。

 

これまで何度も、知らないユーチューバーの動画を見ながらエクササイズやヨガなどいろいろなものを試そうとしました。でも、途中から突然難しくなったり、ちょっとよそ見をするとわからなくなったりして、なかなか続けることができなかったのです。けれども、ラジオ体操ならそんな心配はまったくなし! 私は第1も第2も体がしっかりと記憶しているので、自分のペースで続けることができそうな気がしました。

 

きちんと取り組むと結構ハード

ラジオ体操イメージ

 

最初は「これなら簡単!」と甘く見ていた私でしたが、一つひとつの動きをきちんと意識しながらおこなってみると、これが結構ハードで驚きました。膝をきちんと曲げ、手は指先もしっかりと広げながら、体をできるだけ遠くまで伸ばして……。そんなふうに真剣に体操をしていると、すぐに汗をかいてあちこちが痛くなり、運動不足を実感しました。

 

それ以降は、ラジオ体操で痩せることができるかどうかを試す意味を込め、毎日2回ずつ実行することに決めました。

 

私は会社勤めをしておらず、在宅での仕事なので通勤時間というものがありません。でも、起床後に体操をすることで覚醒効果が得られ、スッキリと仕事を始めることができるようになりました。気持ちが良いので朝2回おこなうこともありましたし、仕事が煮詰まったときなどはリラックスするために午後おこなうこともありました。夜は寝る前に、ストレッチ代わりに体を伸ばすことを意識するようにおこなっていました。

 

 

楽しみながら1カ月で2㎏減!

メジャーと体重計イメージ

 

そのうち、ラジオ体操をすることが日課となり、時には1日に3度も4度もおこなうときもありました。前述した好きな芸能人のYouTube動画をテレビの大きな画面で流しながらおこなうので、余計に楽しく感じられたのかもしれません。いつの間にかダイエットのことは忘れていて、気持ちが良いから続けているという思考になっていたと思います。

 

しばらくして、家族と体重の話になり「そういえば……」と体重計に乗ってみると、なんと2㎏減っていました。ラジオ体操を始めてから1カ月ちょっとがたっていました。コロナ禍のストレスでこの間は食べたいものを食べていたので、明らかにラジオ体操のおかげだと思います。2㎏減らしたいと思って頑張ってもなかなか減らないことが多いのに、今回は楽しみながらいつの間にか減っていたことに驚きました。

 

ラジオ体操の普及に努めているNPO法人全国ラジオ体操連盟のサイトを見てみると、「仮にラジオ体操を15分行ったとし、『主な運動の消費カロリー量』(四訂・日本食品標準成分表より作成)をみると、速いペースのウォーキングと同じ消費カロリーなのです」とあったので、毎日続けることでしっかりとカロリーを消費していたのかもしれません。2㎏とはいえ、知らぬ間に痩せていたのはうれしい驚きでした。

 

まとめ

子どものころは、なぜこんなことをしなくちゃいけないんだろう?と思ったこともあったラジオ体操。でも、繰り返しおこなっていたからこそ体が覚えているのだと、今になって感謝しています。ストレスもなく、自宅で気ままにおこなえるこの体操を、これからも毎日続けていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:望月かおり

気持ちが落ち込むことが増えてきたので、前向きになる方法を探しつつ、趣味を増やそうといろいろな習い事を始める。既婚、自宅でリモートワーク。猫と犬が大好きで、保護した猫2匹も家族として一緒に暮らしている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP