ママの話を全然聞かない2歳の娘!嫌味な言い方に変えると意外な変化が…

2021/02/28 13:25
8
なかなか言うことを聞いてくれない2歳の娘さんに手を焼くママ。ある日イライラから口にしてしまった言い方が、予想外の結果になりました。娘さんに何をどのように伝えるべきか気付いた体験談です。

ママ イライラ

 

注意しても言うことを聞いてくれず、「ほら言ったでしょ!」と娘にイライラをぶつけてしまう私。どうしたらうまくいくのだろう……と悩んでいました。ある日、嫌味のように娘に言った私の言葉がなぜか功を奏したという体験談です。

 

続きを読む

注意したことを聞いてくれない娘

2歳の娘はとても自己主張が強いです。「このコップで飲みたい!」「自分で(洋服を)着る!」など自分の意見を通したいようで、私が「ダメ」と答えると娘はイライラ。

 

「そんな風にして飲むとこぼすよ」「地面が濡れているからジャンプするとズボンがびしょびしょになるよ」など、娘が失敗しないように私が注意しても聞いてくれません。すると案の定失敗して「ほら言ったでしょ!!」と私の怒りも募るばかり。どうしたら言うことを聞いてくれるのか……と私は頭を抱えていました。

 

理由を説明しても通じない

どうして注意するのか、その理由を娘に話しても効果はありませんでした。それどころか私はちゃんと言い聞かせたつもりなのに、どうして娘はそれに答えてくれないのかというイライラが大きくなるばかり。娘に説明するという手間をかけたのに、それが無駄になってしまっていることに不甲斐なさと憤りを感じていました。

 

そして、相手は2歳児なのだから、こちらが我慢するしかないのかな……と思うように。しかし私が疲れているとついつい強い口調で娘を叱ってしまい、反省を繰り返す日々でした。

 

娘に放った嫌味がなぜか通じた

あるとき、娘はいつものようにふざけて水を飲もうとしていました。私は「そんな風にふざけていると、こぼしちゃうよ」と言いました。「いいの!」と娘。「服が濡れちゃったら、お気に入りのお洋服を脱がなきゃいけなくなるよ。そしたらそのお洋服を着てお散歩に行けなくなっちゃうんだよ」と私は付け加えました。

 

すると娘は「このお洋服がいい!」と言い、きちんと水を飲もうとしたのです。私は嫌味のように長々と言ってしまったと思っていた言葉が、なぜか娘を納得させたのでした。


先を見通せない娘に必要な説明とは?

どうして娘は納得したのだろう?と私なりに考えました。すると、失敗したあと具体的に何が起きるのか、何ができなくなるのか理解したからかもしれないと気付きました。大人は服が濡れれば着替えが必要になると予測できますが、娘にはできないのかもしれないと思い、私は娘にどのような不都合が起きるかまで具体的に説明するように……。

 

例えば「今ズボンを濡らしたら替えがないから家に帰らなくちゃならなくなるよ。そうしたらもうお散歩ができないよ」など。必ずしも成功するとは限りませんが、娘は少しずつ言うことを聞いてくれるようになりました。

 

 

私は自分なりにきちんと注意したつもりでしたが、娘にとっては不十分だったと反省しています。娘は私の言うことを聞かなかったのではなく、私の注意することの意味を理解できずにイライラしていたのかもしれません。これからも娘が私の言うことをどのようにとらえているのか、気を付けて関わっていきたいと思います。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:更田未央子

6歳と2歳の子を持つ母。看護師・保健師・養護教諭1種・FP3級の免許を取得。現在、高校生を対象とした学習塾の講師をしながら、FP2級を目指す。育児・教育・医療・金融・不動産について執筆中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード