気が付けば脇にぜい肉たっぷり!自宅で手軽にぜい肉を引き締めた方法とは

2020/12/30 12:25
0
サイズは合っているのに、脇のあたりがきつくてタンクトップが入らないときがあることにある日気が付いた女性。脇周りを引き締めるチューブトレーニングを続けたところ、半年ほどで成果が現れたという体験談です。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
美容

脇、ぜい肉

 

今から半年前、もらい物のタンクトップを家で着ようとしたところ、サイズは合っているのに脇だけがきついことに気が付きました。脇の下に肉がはみ出すように付いており、それが原因でタンクトップがきついようなのです。サイズを間違えたと思ってチェックするとL。普段はMでも着られることが多いので問題がないはず。それにショックを受けた私は、脇のぜい肉を落とすためのチューブトレーニングをスタートすることにしました。

 

続きを読む

タンクトップで脇のぜい肉に気が付く

脇、ぜい肉

 

40歳を過ぎてから、おなかや二の腕など体型の変化が気になるようになり、筋トレで改善を図っていました。しかし、それまでまったく気にしていなかったのが脇の辺り。日ごろからチェックすることがなく、どのような状態になっているのかわかっていませんでした。

 

脇のぜい肉に気が付いたのはタンクトップを着たときのこと。タンクトップは母親からのもらい物。通販で購入したものの、サイズが合わなかったため、私がもらうことになったのです。慌ててサイズを確認するとL。私はMを着ることもあるためLなら十分な大きさのはず。それなのに実際に着ようとすると、脇の下にあるぜい肉が邪魔をしてパツンパツンになってしまうのです。

 

その後も洋服を試着したときに、脇がきつくて入らないことがたびたびありました。そこで改めて脇の下を見てみると、かなり派手にぜい肉が付いていることが判明。しかも、脇を締めるとぜい肉がプニっとはみ出すのです。そのとき、脇のぜい肉を引き締めないといけないと強く感じました。

 

脇のぜい肉を減らす方法を調べてみる

脇、ぜい肉

 

じっくり観察してみると、スポーツブラのような脇を覆うタイプの下着をしていると、脇のぜい肉はほとんどわかりません。しかし、三角ブラジャーや細身のタンクトップを着ると、突如として脇のぜい肉が現れるのです。このぜい肉のせいで洋服のサイズが合わなくなる、さらには体のたるみが余計に強調されていることが判明。今まで脇のぜい肉を気にすることなく、夏に袖なしの洋服を着ていた自分が恥ずかしいという気分になりました。

 

そこで、脇のぜい肉を減らす方法についてネットで調べてみました。あるアメリカのダイエットとエクササイズの専門家は、特定の部位の脂肪を減らすためには、体脂肪を全体的に減らすこと、そして問題の部位を重点的に鍛えることが大切だと言っていました。カロリーの摂取量を減らすことに加え、脇のぜい肉を減らすために、胸筋と背筋を鍛えることがポイントだということがわかりました。

 

ぜい肉がついた脇を鍛え直すことに

脇、ぜい肉

 

そこで、胸筋や背筋を鍛えられる簡単なトレーニングはないかと探してみました。気軽に自宅で鍛えたいと思い、いろいろ情報を見てみると、自宅でトレーニングするなら胸筋よりも背筋のほうが取り組みやすい印象。そこで値段が安く持ち運びも簡単なチューブを使ったトレーニングで鍛えることにしました。

 

背筋を鍛えるトレーニングとして、チューブラットプルという方法がありました。これは、肩甲骨を寄せるように腕を引き下げ、元の位置に戻すことを繰り返すトレーニングで、背筋のなかでも側部に効果がある種目とのことです。

 

チューブラットプルの方法は、
①両手でチューブを持ってバンザイのポーズをとる。
②そのまま頭の後ろに腕を引き下げて肩甲骨を寄せる。
③しばらく停止したあと、バンザイのポーズに戻す。

 

自分の筋力と相談して、この動きを10セット繰り返すことを日課としました。背中の筋肉がグッと引っ張られ、気持ちがよかったこともあり、つらいと思うことなく続けられました。

 

まとめ

現在、背筋を鍛えるチューブトレーニングを半年ほど続けています。基本的には夕食後に1セットするのが定番ですが、余裕があるときはデスクワークや家事の合間にもしています。続けた効果なのか、脇のぜい肉に気が付くきっかけとなったタンクトップは、ちょうどよく着られるようになりました。とはいえ、まだまだ見た目としては脇のぜい肉が気になる状態。そのため、もっと脇のぜい肉を引き締められるようにチューブトレーニングを続けていきたいと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

監修/助産師REIKO


著者:ひこすけ

仕事で海外と日本を行ったり来たりしているため生活が乱れがち。


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。