マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

はっ、上から目線!「赤ちゃんかわいい女子」に取ってしまう行動とは?【ママならぬ日々118話】

44

連載 ママならぬ日々

「あ〜赤ちゃんだ〜!かわいい〜!」

そう言って見ず知らずの赤子に微笑みかける女子、よくいますよね。私もやったことあります。

 

和田さん118話

 

なぜ上から目線なのかナゾですが、わが子を褒められると「うんうん、君は見る目があるね!」とよく心の中で思っていました。

でも面と向かって言われるわけではないので、「ありがとうございます〜」と返すのもおかしいかなと思い、聞こえないふりをして去っていく私。よくよく考えるとおかしな光景ですね……。

 

<つづく>

 

監修/助産師REIKO

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 123話

え、うちの子だけ違う!?親戚からのまさかの指摘とは?【ママならぬ日々117話】

次の話を読む 125話

こんなはずでは…!なぜか別れられず、謎の魅力でついに本命に!?【ママならぬ日々119話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。