マンガ 体験談 マンガ かと 5歳で熱性けいれんになった話

「誰が付き添う?」入院決定で、新たな問題が勃発してしまった理由 #9

1
29

連載 5歳で熱性けいれんになった話

インスタグラムで10万人超のフォロワーを抱える人気イラストレーターのかとさんは、3カ月間でなんと2回も119番する体験をしたそう。二度目の119番実話、第9話。

 

夫不在時、子ども2人のお世話をしていると、長女あーちゃん(当時5歳3カ月)が突然顔面蒼白になって意識を失い、3カ月ぶりの救急要請!

 

「熱性けいれん」と診断されたものの、意識が戻ったあーちゃんの様子がおかしい……! 医師に「このままの調子が続くなら脳の検査をしたほうがいい」と言われて、ますます不安に。そして、新たな問題が発生!

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第9話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第9話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第9話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第9話

 

入院が決定! そして同時に「誰があーちゃんに付き添うの問題」勃発!

 

付き添いたいけれど、当時1歳8カ月のゆーたんのことも考えると、判断が難しい(両方は絶対ムリ!)……。

 

一体、どうする!?

 

次回、立候補したのはなんと……?

 

 

監修/助産師REIKO 

 

連載 5歳で熱性けいれんになった話

前の話を読む 8話

「後遺症が残ったんですか?」娘の様子がおかしくなってしまい… #8

次の話を読む 10話

「付き添いできない?」夫の驚く「塩対応」発言にドン引き…! #10

最初から読む 1話

「二度とごめんだ」その後すぐ救急要請した思いもよらない理由は…?#1

著者

イラストレーター かと


幼稚園児の姉弟のママ、かとさん。Instagram(@kato_usausako)では、育児や実体験した怖い話などをマンガ化し、フォロワー10万人超と人気。ベビーカレンダーでは、実体験マンガやフォロワーさんの体験談マンガなどをご紹介しています。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 広告をたくさん載せたいからやたら漫画を細切れにするのはわかるが、せめてスムーズに続きを読める様にしてくれ。続き探すのめんどくさいからもう諦めるわ笑
    +41 -4

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。