マンガ 体験談 マンガ かと 5歳で熱性けいれんになった話

「付き添いできない?」夫の驚く「塩対応」発言にドン引き…! #10

41

連載 5歳で熱性けいれんになった話

インスタグラムで10万人超のフォロワーを抱える人気イラストレーターのかとさんは、3カ月間でなんと2回も119番する体験をしたそう。二度目の119番実話、第10話。

 

夫不在時、子ども2人のお世話をしていると、長女あーちゃん(当時5歳3カ月)が突然顔面蒼白になって意識を失い、3カ月ぶりの救急要請!

 

「熱性けいれん」と診断されたものの、意識が戻ったあーちゃんの様子がおかしい……! 入院が確定したものの、新たに「誰が付き添うか問題」が勃発!

 

夫に「付き添いできない?」と聞くと、驚きの塩対応発言が……?!

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第10話

 

「じゃあ私、付き添うね」と言うと、1歳8カ月(当時)のゆーたんのお世話が大変になるのが目に見えていることもあり、難色を示す家族。

 

この「誰が付き添うか問題」を無言でやり過ごそうとする夫の答えは、

 

「あ、オレ無理。明日仕事だし」

 

娘の入院時だというのに、驚くほどの塩発言! 即答かよ……!

 

結局、付き添うことになったのは誰?

 

監修/助産師REIKO 

 

連載 5歳で熱性けいれんになった話

前の話を読む 9話

「誰が付き添う?」入院決定で、新たな問題が勃発してしまった理由 #9

次の話を読む 11話

「我慢してもらうしか…」誰が付き添うか問題、その結果は…?!#11

最初から読む 1話

「二度とごめんだ」その後すぐ救急要請した思いもよらない理由は…?#1

著者

イラストレーター かと


幼稚園児の姉弟のママ、かとさん。Instagram(@kato_usausako)では、育児や実体験した怖い話などをマンガ化し、フォロワー10万人超と人気。ベビーカレンダーでは、実体験マンガやフォロワーさんの体験談マンガなどをご紹介しています。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。