マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

ゾゾッ!産後の自分にガッカリ…その理由とは?【ママならぬ日々130話】

2
18

連載 ママならぬ日々

娘が生まれて少し経ったころでしょうか、鏡を見てギョッとすることがありました。

 

和田さん130話

 

当時の写真を見ると、笑ってしまうくらい顔がパンパン。化粧っ気もなく、美容院にも行けず、服は同じ授乳服のヘビーローテーション。時間的な余裕も、心の余裕もなく、いつもボッサボサのガッサガサでした。

 

ずっとこのままかと思っていましたが、子育て生活に慣れてくると、少しずつ自分のケアもできるようになってきました。あのときどんよりしていた自分に「この先少しずつ余裕ができてくるよ、大丈夫だよ」と言ってあげたいです。

 

監修/助産師REIKO

 

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 129話

義祖母よ、マジか!?写真に映っていた衝撃の真実とは?【ママならぬ日々129話】

次の話を読む 131話

まさか裏目に出るとは!激しく後悔した行動とは?【ママならぬ日々131話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • とても共感しました。 私は高齢出産なので白髪を染める時間が無く、正直赤ちゃんを見に来る身内ですら「空気を読んで来ないでくれ!」と思っていました、、、 宅配便を受け取るのすら苦痛で、勝手に注文する旦… もっと見る
    とても共感しました。

    私は高齢出産なので白髪を染める時間が無く、正直赤ちゃんを見に来る身内ですら「空気を読んで来ないでくれ!」と思っていました、、、

    宅配便を受け取るのすら苦痛で、勝手に注文する旦那にイライラしていました、、、

    美容院に行けるくらい授乳間隔が開かないと、鬱になりそうな見た目の自分なので人に会いたくないですよね(笑)
  • 産後ってまさにそんな感じになりますよね。世の中のキレイなママさんと比べて自分は...と私も凹みました。
    和田さんのリアルな体験談は読んでて共感できて好きなので、今後も面白いエピソード楽しみにしてます。

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。