マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

「ハードル高いけど、やるっきゃない!」熟練の院長先生に…!

11
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第397話。無痛分娩での出産を前に、やましたさんが辿りついたリスク回避の方法とは…?

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

長女N子の妊娠中から決めていた無痛分娩。念願叶って次女KTの出産のときに無痛分娩をしている近所の産婦人科で分娩予約をすることができました。憧れの無痛分娩でしたが、ネットやテレビで無痛分娩の事故のニュースやリスクを聞いたこともあり不安があるのも事実でした。

 

そこで、N子がいない時や寝ているときを見計らい、リスクや過去にあった事故のニュース、安全な病院の探し方などを検索しまくりました。本当か嘘なのか疑わしい情報も含め、色んな情報をチェックすることができました。

 

育児日記(4コママンガ)

 

そして、私が自分でできる対策として、最終的に辿り着いたアドバイスが「無痛分娩の予約をする前に、先生本人に無痛分娩の経験と事故の有無を直接確認してみましょう」というものでした。

 

本人に、直接……

「今まで何件くらい無痛分娩の経験がありますか?」

「先生は無痛分娩で事故を起こしたことがありますか?」

 

私より10歳くらいは年上であろう熟練の院長先生に、シロウトでひよっこの私が面と向かって質問するには、なかなかのハードルの高さだと一瞬くじけそうになりましたが、「安全」は絶対に譲れないポイントだったので、それで安全が確認できるのであれば!と、チャンスを見計らって院長先生に直接聞くことに心を決めたのでありました。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 396話

「絶対に次こそは無痛分娩を!」LDRで練った2人目の分娩計画

次の話を読む 398話

瞳孔が開きっぱなし!!いよいよ無痛分娩の説明会が始まり…

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。