マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

まるで合コン!?ときめきから一転、涙のカオスな状況に…【ママならぬ日々136話】

25

連載 ママならぬ日々

マタニティヨガで知り合ったママ友たちをわが家に招いたときのこと。

ママ6人、赤ちゃん6人の総勢12人が集まったのですが、1人のママがおもしろいことを言い出しました。

 

和田さん136話

 

「まるで合コンだね!」と笑っていた私たち。

うちの娘は当時7カ月。ほかの赤ちゃんは6カ月〜8カ月でした。子ども同士の微笑ましいやりとりを期待していたんですが、全員すでに寝ているだけの赤ちゃんではなく、かといっていっしょに遊ぶほどには成長していなかったため、それぞれ本能の赴くままに好き勝手なことをしていて、まったく合コンになりませんでした(笑)。

 

監修/助産師REIKO

 

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 135話

え!?震えがとまらない!愕然とした母親の対応とは…!?【ママならぬ日々135話】

次の話を読む 137話

え、娘がいない!まさかの結末に言葉もなく…【ママならぬ日々137話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。