マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

え!?震えがとまらない!愕然とした母親の対応とは…!?【ママならぬ日々135話】

32

連載 ママならぬ日々

あれはたしか実家に帰省したとき。母に娘を見てもらい、1人で本屋に出かけたことがありました。

そこで隣に立っていたきれいな感じのママと、5〜6歳の男の子。その2人のやりとりが衝撃的でした。

 

和田さん135話

 

なにそのクイズ!?心の中でツッコミが止まらない……!

男の子が超真剣なのもおかしかったのですが、ママが1ミリも笑わないのがまたおかしくて、笑いを堪えるのに必死でした。2人にとっては、あのやりとりが日常茶飯事なんだろうなあ。

 

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 148話

あぁ、視線が痛い!憧れていたのに、2人の温度差に絶句した件とは?【ママならぬ日々134話】

次の話を読む 150話

まるで合コン!?ときめきから一転、涙のカオスな状況に…【ママならぬ日々136話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。