あぁ、視線が痛い!憧れていたのに、2人の温度差に絶句した件とは?【ママならぬ日々134話】

2021/03/21 19:55
23
ママならぬ日々134話。娘の寝かしつけで子守歌を歌っていると、なぜか白い目で見られるという和田さん。その理由とは?
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
和田フミ江

お母さんの歌う子守歌って、なんだかステキですよね。

子どものおなかをトントン叩きながら優しく歌うお母さん。安心してゆっくりと目を閉じる赤ちゃん。私もそんな寝かしつけをしてみたかったのですが……。

 

 

和田さん133話

 

娘の視線が痛い!

「ねんねんころりよ」も「ゆりかごの歌」も途中から歌詞があやしくなり、挙動不審になってしまい、結果、娘は寝ず……みたいな感じでした。

「ねんねんころりよ」は母が歌っていたのでなんとなく覚えていたんですが、よくよく考えると母も途中から歌詞があやしくなって鼻歌になっていた気がします……

 

<つづく>

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。



この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。