「恐怖しかない!」柄の悪い男が病院で吐いた言葉に思わず…【ママならぬ日々133話】

イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第133話。娘さんを連れて病院に行ったときに、強面の男の人に遭遇した和田さん。実はその人は……!

娘を連れて病院へ行ったときのこと。

いかにも柄の悪そうな若い男性がやってきて、待合室で電話し始めました。

 

続きを読む

強面の男の人の正体は!?

和田さん133話

 

周りの人たちの緊張感がフッと和んで、「がんばれパパ!」みたいな空気になったのを覚えています。

 

病院の待合室で電話するのはNGなので、褒められた態度ではありませんが、あの外見からまさか「ねんね」という言葉が飛び出すとは思いませんでした……!(笑)

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP