マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

もう、別れよう…思いつつ、つき合い続けた理由とは!?【ママならぬ日々132話】

45

連載 ママならぬ日々

前回オークションで大失敗してしまった話を書きました。

今回はバスチェアのその後です。

 

和田さん132話

 

すぐに捨てようと思っていたバスチェアでしたが、まさか2人目まで使うとは思いませんでした。お風呂で使わなくなっても、部屋で使うようになり、子どもも座椅子代わりによく座っていました。

 

届いた時点ですでに数年は使われていたようなボロボロ加減だったにもかかわらず、処分するその日までどこも壊れませんでした。すごい!

 

長い間愛用したので、いざ捨てるときはちょっぴり悲しい気持ちに。ほかにもおんぶひもやベビーカーなど、子どもが小さいうちによく使ったものって、「戦友」とか「相棒」みたいに思えることがよくありました。ありがとう!バスチェア!

 

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 145話

震災から10年、私が忘れていた本当に大切なこと #これから私は

次の話を読む 147話

恐怖しかない!柄の悪い男が病院で吐いた言動とは…【ママならぬ日々133話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。