マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「ええっ!私、無痛分娩できないの…?!」先生の見解は…

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

通っている近所の産院で無痛分娩の申し込みをしたら、年齢を確認されたあとに、転院可能な大きな病院を紹介されました。

 

普通に受理してくれて、その産院で無痛分娩ができると思い込んでいたので、突然の出来事にビックリでした。

 

 

育児日記(4コママンガ)

 

先生曰く、高齢出産の妊婦さんはリスクが高めとされているので、もしも、もしかして、何かあった時のために、赤ちゃんやお母さんを助ける設備がたくさん揃っている大きい病院を好む人が多いから、とのことでした。

 

「ちなみにですが、先生的には、41歳の私がここで無痛分娩をお願いしたら、嫌だな〜とか不安だな〜とかいうネガティブな要素とか気持ちはありますか?」と聞いてみると「全然!」と躊躇なく即答が返ってきました。

 

先生の経験上らしいのですが、先生や妊婦さん自身が良くても、旦那さんや旦那さんのご両親、その他、周りの人とかが嫌がることが多いと言っていました。わが家の場合、パピーちゃんも了承済み、私の両親やパピーちゃんの両親も分娩スタイルに意見する感じではなかったので、大丈夫なので!と申し込み書を渡したのですが、受理してもらえず「要再確認案件」となりました。  

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。