マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

く、薬で陣痛を止める、ですって…?!そんな方法ってあるの?

5
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第405話。無痛分娩の申し込みをしたやましたさん。ひとつだけ、気がかりなことがあったそうです。

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

無事に無痛分娩の予約が完了したのですが、1つ気がかりなことがありました。  

 

私が分娩予約をした産院は、夜間に麻酔の先生が不在になるので、夜間は無痛分娩ができなくなるということでした。

 

育児日記(4コママンガ)

 

もしも、夜間に分娩をすることになった場合は

<その1> そのまま普通に麻酔なしで産んじゃう方法。 この場合、当然10万円の無痛分娩料金は発生しなくなります。

<その2>
薬で陣痛を止めて、翌朝、麻酔の先生がくるのを待ってから、無痛分娩をする方法。

薬で……陣痛を!? そんな方法があるんだとビックリしたと同時に、私としてはなんとなくそれは選択肢にありませんでした。

 

夜間に陣痛がきた場合は普通分娩にする? いやいや長女N子の出産が終わったとき「2回目は絶対ない!」と強く思ったよな? などと考えました。

 

この産院で無痛分娩をするというのは、もう決めたことなので私にできることはただひとつ!  

 

夜に陣痛きませんように。と心の底から祈りました。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 404話

大病院にするか、それとも近所の産院にするか…?!私たちの選択は…

次の話を読む 406話

「それって本当に大丈夫なの?」無痛分娩を母から心配されてしまい…

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。