暮らし 体験談 結婚

「十分話したつもりだったのに」超スピード婚の私が結婚前に知りたかったこと

9
交際期間の短い結婚前提のパートナーとは、価値観については語り合っても夢についてはなかなか話題にのぼらないもの。この女性も価値観についてとことん話し合って結婚したものの、パートナーの壮大な夢については結婚後に知ることになったそうです

「十分話したつもりだったのに」超スピード婚の私が結婚前に知りたかったこと

 

私たち夫婦は、知り合ってからプロポーズまでわずか2カ月の超スピード婚。でも、お互いの結婚観やこれからの生活について充分話し合って結婚しました。が、結婚後、夫が「夢を叶えたい」と、とんでもないことを言い出したのです。

 

続きを読む

ネット婚活で知り合った夫と交際1カ月で結婚

27歳から3年間お付き合いしていた彼がいました。でも結婚には至らず、ただ私の結婚願望が膨らんだだけ。その反動で婚活に燃えた私は、当時はやりだしていたネット婚活をすることにしたのです。

 

とにかく結婚に焦っていた私は、条件を定めず、自分に合う人であれば家庭環境や年収にはこだわらずにいました。そのなかで出会ったのが今の夫です。お互い30歳。初対面から話が合い、2人とも結婚願望が強かったので、知り合って1カ月でお付き合いをはじめました。

 

その間に「子どもは2人欲しいね」「結婚後も仕事は続けたいけど、子どもができたらセーブしたいかな」といった、結婚に対するお互いの価値観を確認。そして交際1カ月後にプロポーズされ、彼の真面目で誠実な性格と、家庭的な一面があることを知って、結婚を決断しました。
 

突然、幼少期の夢を叶えたいと夫が爆弾発言!

些細な喧嘩はありますが、結婚生活はおおむね順調にスタート。結婚式も新婚旅行も終えて、「次は子づくりかな?」なんと思っていたころ、夫が突然とんでもないことを言い出したのです。

 

「実は……今すぐ仕事をやめて就農したい。自然豊かな環境で生活したくて、長野に移住したいと思っている」と……。

 

夫は小さいころから農業に憧れていて、当初は定年を迎えてから始めようと思っていたらしいのですが、若い人が農業で成功している姿をメディアで見て、「一刻でも早く夢を叶えたい」という思いが触発されてしまったようなので……。

 

もちろん初めは大反対。寒さに弱い私は長野での生活は厳しいだろうし、何より、今までの仕事や人間関係を捨てて、縁もゆかりもない土地で生活することに不安があったのです。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。