食・レシピ 妊娠食 コツ・ヒント 栄養 食生活

量と質がポイント!「妊娠中の食事」について管理栄養士が解説します!

一汁二菜のイメージ

 

体重の増えすぎを抑えるために、妊娠中の食事は量と質が大切です。とくに栄養をまんべんなく摂るためにも1日3食、栄養バランスのとれた献立にしたいですね。

 

妊娠中の献立の基本になる「一汁二菜」の食事とはどんなものか、今回はポイントと併せてご紹介します。

 

続きを読む

「一汁二菜」が基本!主食、主菜、副菜を

妊娠中の食事は、丼ものやワンプレートごはんのような品数が少ないものでは、栄養のバランスも悪くなります。

 

さまざまな食品をまんべんなく食べることができるように、献立は主食を中心にエネルギーをしっかり摂りながら、おかず2品と汁物のある「一汁二菜」を目指しましょう。

 

■主食:ごはん、パン、めん類など(炭水化物)

■主菜:肉、魚、卵、大豆製品。(たんぱく質、脂質)

■副菜・汁物:野菜、きのこ、海藻類、果物、乳製品(ビタミン、ミネラル、食物繊維)

 

主食をしっかり、主菜はバランスよく!

ママの体と赤ちゃんのためにも、妊娠中はエネルギーが必要です。エネルギーになるものは、主食で食べる炭水化物です。ごはんやパンなどを、毎食しっかり食べましょう。とくに脂質の少ないごはんは、献立が和風になるのでおすすめです!

 

また、赤ちゃんの体をつくる、たんぱく質も重要です。主菜は肉や魚のほかにも、植物性のたんぱく質である豆腐や納豆なども組み合わせながら食べるようにしましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。