暮らし 生活習慣 体験談 付き合い方 生活リズム 生理 教育・学習

「不安だったよね」初潮を言い出せなかった私に、母がしてくれたこと

0

「不安だったよね」初潮を言い出せなかった私に、母がしてくれたこと

 

私が初潮を迎えたのは、周りの友だちよりも少し早い小学校4年生のはじめごろ。生理の知識も対処法もよくわからず不安だった私に、母がしてくれてうれしかったことがありました。私が初潮を迎えたときの状況と、母に初潮がきたと知られるまでのこと、そして母がそのあとにしてくれた対応をお話しします。

 

続きを読む

私が初潮を迎えたときの状況

その日、私は地区の子どもたちが集まるイベントに参加していました。イベントといっても、公民館に子どもたちが集まって、カレーを食べながらビンゴゲームをするだけの小さなものです。その年も、いつも通り私の家の裏に住む幼馴染と自転車で公民館へむかい、入り口でカレーをもらって並べられている座布団へ座りました。

 

異変に気が付いたのはカレーをおかわりし、自分の座っていた座布団へ戻ったとき。座布団にほんの少し赤いしみがついていたのです! 女性には生理がくるということだけは知っていたので、そのしみが経血かもしれないということはすぐにわかりました。

 

母に初潮を迎えたと知られるまで

地区のイベントが終わり、私は誰にもお尻を見られないように急いで家に帰ってきました。公民館の座布団を汚してしまったことは誰にも言えず、裏返しにして出てきてしまいました。


急いでショーツとジーンズを脱いで洗濯機に入れ、新しいショーツにはトイレットペーパーを丸めて挟んでおき、そのまま母には言い出せず、翌朝を迎えることに……。ですが、母が洗濯物を干しているとき、経血が落ち切らなかったショーツを発見! 私が初潮を迎えたことが母に知られたのです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。