ママネタ 体験談 出産

まさか救急車で出産…!「もう産んじゃっていいですよ!」ってどうやって!?

15
出産予定日の当日になっても生まれる気配がない……と思いきや、深夜におなかの痛みが強くなり、救急車を呼ぶことになったママの体験談です。まさかの救急車の中で出産することになり……!?

まさか救急車で出産…!「もう産んじゃっていいですよ!」ってどうやって!?

 

 

初めての出産はわからないことばかりで、助産師さんや先輩ママに質問をいっぱいしていた私。しかし、いざ出産のときには、聞いていた話とは違うまったく予想外の展開になりました。

 

続きを読む

出産予定日当日、まだ生まれる気配なし

第1子妊娠中、特に問題もなく無事に出産予定日を迎えていました。予定日の当日も病院に行き診察をしてもらいましたが、医師からは「まだあんまり(子宮口が)開いてないね。まだ生まれるまでに何日かかかりそうだから、階段の昇り降りとかしてください。また、診察の予定を取っておきますね」と言われ、帰宅することに。

 

帰宅後、スクワットや安産体操をして過ごしましたが特に何もなく、夜遅くになり夫も帰ってきたので寝ることにしました。

 

おなかが痛すぎて家の廊下で動けなくなり…

0:25ごろ、少しおなかが痛い感じがしてきました。しかし、とても眠く「寝れば治る!」と思い寝ようとしましたが、0:45ごろになり、痛みが強くなってきました。

「このままでは寝られないな」と思い、夫におなかが痛いことを伝えました。夫は「陣痛じゃない?」と言いましたが、昼間に病院で「まだ生まれるまで何日かかかりそう」と言われていたので、前駆陣痛か何かかなと思いました。

 

ところが、どんどん痛みが増してきて、すぐに3・4分間隔の痛みになってきました。陣痛じゃないとしてもかなりの痛みなので、病院に連絡したほうが良いと思い電話することに。

 

助産師さんが電話に対応してくれました。

 

助産師さん「痛みの間隔はどれくらいですか?」

私「3・4分です」

助産師さん「いつから痛いですか?」

私「20分前くらいです」

助産師さん「お尻に痛みや違和感がありますか?」

私「ないです」

助産師さん「……たぶん陣痛ではないと思うのですが、病院にきていただいて大丈夫です。産褥ショーツに着替えてきてください」

私「わかりました……」

 

このようなやりとりをして、念のため入院セットや書類も準備し、産褥ショーツに着替えようとしました。

ところがトイレの前まで行ったところで突然、腰に激痛が走ったのです。足に力が入らなくなり、しゃがみ込みました。しゃがみ込んだらもう立ち上がることもできなくなり、家の廊下でうずくまってしまいました。

 

救急車の中で、お股に違和感!?

「もう自力で病院に行くのは無理だ……」と思い、家族に救急車を呼んでもらうことに。救急車がくるまでの間も、腰は激痛でだんだんとおなかの痛みも強さを増して、冷や汗が止まりませんでした。10分ほどしたところで救急車が到着し、救急隊員にストレッチャーに乗せられました。ストレッチャーに乗せてもらうと、床より柔らかいため腰痛もラクになり、救急隊員がいることで精神的にも安心してきました。

 

「15分くらいで病院に着きます!」と言われ、夫に付き添われて出発。あとは病院に着くだけだと思い、ホッとしました。

 

ところが突然、お股から何か拳サイズのものが出てきた感触が……! 慌てて私は「赤ちゃん出ちゃった!!」と声を出しました。救急隊員にズボンを脱がしてもらい夫がパンツをハサミで切りました。

 

すると、赤ちゃんの頭だけが出てきていたのです! 救急隊員が病院に電話でどうするか確認したあとに「もう産んじゃって良いですよ!」と言いました。「えーっ、どうやって!?」と思いましたが、力いっぱいフンッといきみました。その瞬間、スルッと赤ちゃんが出てきました。時刻は1:30、痛みを感じ始めてから1時間ほどで出産となりました。そのあとは赤ちゃんをおなかに乗せてもらい、無事病院に到着しました。

 


妊娠中に助産師さんや先輩ママに陣痛について聞いていたときは「今までにない痛みだから気づくよ」「本能的にわかる」などと言われましたが、私は動けなくなる直前まで陣痛に気づけませんでした。夫は「ママも助産師さんも陣痛じゃないと思うって言ったのに陣痛だったじゃん!」と怒っていました……。助産師さんの話では、痛みに強くギリギリまで陣痛に気づかない人が時々いるとのことでした。本当に出産は人それぞれなんだと実感しました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

監修/助産師REIKO


著者:rika

4歳、0歳の女の子の母。出産、育児のことを他の方と共有できたら良いなと思い、投稿コンテストに参加。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。