マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

「あんた大丈夫?」麻酔処置後のハイテンションからの急展開に不安が押し寄せ…

4
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第417話。麻酔をして常夏気分でいると、看護師さんから娘ちゃんのことを聞かれました。「病室に入っても大丈夫?」それってどういう意味~!?

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

無事に麻酔が終わり、常夏気分でくつろいでいると、「そういえばお父さんと一緒に娘ちゃん(長女N子)が来たら、病室にはいってもらっても大丈夫かな?」と看護師さんに聞かれました。

 

 

育児日記(4コママンガ)

 

病室に入ってもらうのは当たり前のことだと思っていたので、どういう意味かな?と思ったのですが、どうやら管だらけで病室に横たわるお母さんの姿にショックを受けて、たまに泣き出す子がいるらしく、病室にお兄ちゃんやお姉ちゃんを入れたくないお母さんがいるので確認まで、ということでした。

 

全然知らなかったのでビックリでした。。。

言われてみれば、私は常夏気分でも、行ったことのない無機質な病院で、器械に囲まれた管だらけの母親の姿は、小さい子どもにしてみればちょっとした衝撃かもしれない。わが家のN子は最高におとなしい子なので、ひょっとして泣いちゃう?とちょっと不安になりました。

 

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

監修/助産師REIKO

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 416話

まるで瞬間移動したみたい…!?管だらけでもなんだか気持ちいい~♡

次の話を読む 418話

全身管だらけ!見舞いにきた娘をテンション爆上げで出迎えた結果…。

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。