「お客さん、今日はもうダメよー♡」思わず、夜な夜なごっこをしてしまい……【ママならぬ日々155話】

ママならぬ日々155話。娘が夜中の授乳で遊び飲みするようになり、いよいよ断乳を決意したそう。泣いてすがる娘の様子をみて思わず小芝居をしてしまったという和田さん。その内容とは?

母乳については「飲まなくなるまでずっとあげ続けてればいいかな」と、おおらかに(適当に)考えていたのですが、乳首をかまれたり引っ張られたりすることが増えて、断乳を決意しました。

 

ついに断乳を決意したものの…

ママならぬ日々155

 

最後におっぱいをあげたときは、なんとなくしんみり。ハナにも「おっぱい、バイバイだよ」などと言って聞かせ、おっぱいなしで大人しく眠ったと思ったら……夜中に大号泣!

抱っこしても、トントンしても、まるでダメ。とにかく乳をよこせ!みたいな感じで泣き続け、私もだんだん疲れてきて「いやー、お客さん、もううち閉店したんでねー。ダメなんですよー」などと、謎の小芝居をしていました。

 

気がつけば、朝。

「ああ、断乳が大変って、こういうことだったんだなあ」としみじみ思いましたが、本当に大変なのは子どもの夜泣きなどではないのだと、このあと思い知ることになるのでした……。

 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶