ズボラが招いた悲劇!無痛分娩の処置中に人だかりができたワケとは?

自他ともに認めるズボラな性格の私。妊娠中は体もだるく、いろいろなことに手を抜いてしまっていました。現在4歳になる息子を出産するときの入院準備も例外ではなく、書類をよく読まなかったせいで、とんでもない体験をすることに……。今回は、私の「恥ずかしすぎる」体験を、包み隠さず紹介します。

ズボラが招いた悲劇

 

ズボラが招いた悲劇

 

続きを読む

ついに妊娠! 無痛分娩を選択

つらい流産を乗り越え、ついに妊娠が判明。妊娠8週になったタイミングで、通っていたクリニックの先生から「このクリニックでは分娩対応はしていないから、そろそろ出産する病院を決めておいてね」と言われました。里帰り出産をする予定がなかった私は、家から歩いて5分のところにある総合病院で出産することを決めました。

 

電話で問い合わせたところ、分娩予約に空きがあったため、紹介状を書いてもらって1週間後に受診。無痛分娩が評価されている病院だったので無痛分娩を選択し、出産日もスムーズに決まりました。

 

入院直前! ヤバイ間に合わない

妊娠中期に通った両親学級で、助産師さんから「なるべく早めに入院の準備をしておきましょう」と言われたものの、体がだるくて1日中横になって過ごす日々。あっという間に妊娠後期に入り、だんだんと出産の日が近づいてきました。おなかが大きくなってくるとますます動きづらくなり、妊娠36週になってようやく入院の準備をスタート。

 

出産を申し込んだときに渡された入院書類を引っ張り出し、サッと目を通してひたすらサインしていきました。入院直前で時間がないうえに、妊娠後期で体が思うように動かず、じっくり読む気力がなかったのです。

 

処置中、まさかの人だかり!

妊娠中の経過がよかったので、出産日の前日に入院。無痛分娩をスムーズに進めるために、バルーンを使って子宮口を開く処置をしました。その最中に、悲劇が起こりました。ガチャッとドアが開いて「誰か入ってきたな」と思った瞬間、10人ぐらいの白衣を着た集団に囲まれた私。

 

何が起きたのかがわからず、目を見開いて驚いていると、先生からの「研修へのご協力ありがとうございます!」の言葉。そのときにハッと気づきました。私がきちんと読まずにサインした書類のなかに「研修医の参観同意書」があったことに……。

 

 

おまた全開な状態の私は、心を無にしてひたすら時が過ぎるのを待ちました。バインダーを持って必死に何かを書き込む研修医たちに「一体何を書いているの?」と思いながら……。ズボラな性格が、とんでもない事態を招く場合があるのを痛感。「これからは、書類にはしっかりと目を通そう」と、ごく当たり前のことを強く決意した瞬間でした。

 

 

イラストレーター/山口がたこ

監修/助産師REIKO


著者:伊藤サクラ

4歳と0歳の男の子ママ。ヤンチャな男の子育児に頭を抱える毎日。10年以上学校教育に携わり、妊娠を機に退職。現在は恋愛や婚活記事を中心に、フリーのライターとして活動中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      研修医の見学は悲劇なんでしょうか
      +19 -7

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP