「馬鹿にされて、腹が立ちました」保護者の言葉に園長先生は…?【保育園で起きたトラブル最終話】

「保育園で起きたトラブル」最終話。Instagramでフォロワー3.7万人超えのたぷりく(@taprikoo)さん。9歳の男の子・6歳の女の子・3歳の男の子を育てながら保育士として働くたぷりくさんがフォロワーさんから寄せられた、保育園のエピソードをマンガ化! 短期連載にてご紹介していきます。

問題になっている前日の登園時のことを説明し、のんちゃんのご両親へ謝罪した佐藤先生。

あのとき、どうすればよかったのか……と悩み、若くて経験の浅い佐藤先生は謝罪しながら泣いてしまいます。

佐藤先生の説明を受けた後、のんちゃんのお父さんが話し始めたのですが……

 

続きを読む

保育園で起きたトラブル 最終話

保育園で起きたトラブル最終話

保育園で起きたトラブル最終話

 

保育園で起きたトラブル最終話

保育園で起きたトラブル最終話

 

保育園で起きたトラブル最終話

保育園で起きたトラブル最終話

 

のんちゃんのお父さんは、フードをかぶせられたのを見て“のんちゃんがバカにされている”と思い、さらにそのことを対応しなかった佐藤先生に腹が立ったと説明。

 

一方園長先生は、佐藤先生が乳児クラスの担任で幼児クラスの様子を知らなかったこと、そんな先生に朝の受け入れ対応をさせたことも園側として不備があったとのんちゃんのお父さんに謝罪。

そして、今後は子どもたちの普段の様子を知っている先生が受け入れに立つことを約束し、普段はのちゃんが意地悪されている様子がないことを説明して、のんちゃんのお父さんに納得してもらったのでした。

 

それ以降、佐藤先生は自分のクラス以外の子どもたちにも目を向け、保護者とどう関係を築いていくかなども気にかけるようになったそう。

 

そして、親になった現在は“子どもを守ってあげたい”という親の気持ちをよく理解し、のんちゃんのお父さんの気持ちもよくわかるようになったそうです。

 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターたぷりく

    2011年生まれのすー太郎、2014年生まれのいーちゃん、2017年生まれのくー太郎の2男1女、はちゃめちゃな3きょうだいを子育て奮闘中の保育士ママ。保育園や育児の体験談マンガでママの心を掴み、Instagramではフォロワー約2万人と人気。

    同じ著者の連載

    • 通報
      このパパ、ちょっとおかしいんだと思う。男子が女子のフードを被せるって、普通は好意をもっているからだろう。そんくらい、わかれ。
      +73 -11
    • 通報
      最近、GUでフードが取り外せる上着が販売されたそうです。その商品の一文に「通園通学におすすめ!パパママの声に応えて」とありました。 なので、全国的に保育園や小学校でフードが禁止されてるのが一般的なのだ… もっと見る
      最近、GUでフードが取り外せる上着が販売されたそうです。その商品の一文に「通園通学におすすめ!パパママの声に応えて」とありました。
      なので、全国的に保育園や小学校でフードが禁止されてるのが一般的なのだと思います。
      園の対応がおかしいですね。
      こうして貴重な保育士さんを1人、また1人と失うんでしょうね。
      +279 -75
    • 通報
      友だちにフード被っただけでいじめっ子扱いされる男の子が可哀相。
      性別が逆でも、障害のお話がなくても、こんな小さなころで幼児を叱る訳ないでしょう、普通にトラウマになるよ。
      +849 -26

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP