助産師が明かす!出産時にある「ちょっと困った産婦さんの行動」とは

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、出産のときに時々あるちょっと困った産婦さんについて教えてくれました。バースプランなどで時々見られるのは、「会陰切開をしないでほしい」「帝王切開はしたくない」というもの。もちろん、医療者側も産婦さんに不必要な医療行為はしたくないという思いがあります。今回は、会陰切開や帝王切開が避けられない場合があるということについてお話していきます。

この記事の監修者

助産師榎本美紀
国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。

出産時の産婦さんのイメージ


 

続きを読む

会陰切開はどうしてするの?

会陰とは、女性の膣口と肛門の間の部分です。出産のときはこの部分が赤ちゃんの頭で強く伸ばされます。会陰切開とは、分娩のときに、会陰の裂傷を予防したり、分娩時間を短縮して母体と赤ちゃんの安全を確保する目的で、あらかじめ会陰を小さく切開しておくことです。裂傷がひどいと、排便障害や性交時痛などの後遺症が残ることがあります。
 

過去には、ほとんど全員に会陰切開を行っていた時代もありました。しかし、最近ではひとりひとりの会陰の状態や分娩経過などに応じて必要性が判断され、必要な場合に選択して行うことが多くなっています。会陰切開が必要かどうかの判断は、分娩直前に行われることがほとんどです。


会陰切開が必要となる例としては、下記の例があります。


① 会陰部の伸展が不十分で、裂傷が大きくなりそうな場合
② 胎児の状態がよくなく、早急に分娩が必要な状況で会陰の伸展が悪い場合に時間がかかってしまうと予測される場合
③ 鉗子分娩や吸引分娩などの必要がある
④ 巨大児分娩や肩甲難産(胎児の肩が恥骨に引っかかって出られない)が予測される

 

会陰切開は、産婦さんの7割程度にされているといわれています。
 

帝王切開はどういうときにするの?

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。予定帝王切開は、逆子・双子や多胎・前置胎盤など胎盤の位置異常、子宮筋腫などの子宮を切開した手術のあとなどで、経膣分娩が難しい場合に行われます。また、前回の分娩が帝王切開の場合は、次の分娩は帝王切開になることが多いです。


予定帝王切開の場合は、事前に日程が決まり説明や検査などの準備ができるため、心身の準備をすることができます。しかし、緊急帝王切開の場合は、時間が限られるため説明も最低限のものとなり、突然のことに気持ちの整理がつかない場合も多いです。
 

分娩の進行中に緊急帝王切開に切り替わるものとしては、胎児にストレスがかかり心拍が下がってきたり、分娩がなかなか進まなかったり、母体の血圧の上昇や子癇という痙攣発作、胎盤が剥離の兆候があるなど、母体や胎児の救命や安全のために緊急に出してあげる必要がある場合です。

 

その割合は、2017年の厚生労働省の発表では、病院で25.8%といわれています。また、現在はもっと増えているのではないかと予想されています。

 

会陰切開や分娩方法などは希望が通らないことも

医師や助産師は、胎児と母体の安全を第一に考えるので、会陰切開や帝王切開などを行わないといけないこともあります。緊急時は十分な説明ができない場合も多く、そのときの状況で可能な限りの説明はさせていただいてます。
バースプランに、「会陰切開をしないで欲しい」や「帝王切開はしたくない」と書かれていても、ご希望通りにいかない場合もあるということを理解してもらいたいです。



出産時には、色々な予想できないようなことが起こります。医師や助産師はその場の判断で、赤ちゃんと母体の安全のために会陰切開と帝王切開が必要になることもあります。万が一に備えて心構えだけでもしていただけるといいかなと思います。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      自分も赤ちゃんも、少しでも楽に安全にお産できるならなんでもしてくれ!と思ったけどな。
      +35 -0

  • 関連記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP