マンガ 体験談 娘と心疾患のお話 こやま家

医師「いつ急変してもおかしくないです」娘の容態が悪化。告知された病名は? #娘と心疾患のお話 12

3
60
「娘と心疾患のお話」第12話。生後間もない娘が肺高血圧になり緊急入院。手術待ち入院の間に大雨で被災してしまい、先生たちや看護師さんたちも病院に来られず、大変な事態に。まさかのこのタイミングでさくちゃんの容態が急変して……!?

連載 娘と心疾患のお話

「お母さん、さくちゃんは今とても危険な状態です」「今すぐお父さんを呼んでください!」看護師さんの信じがたい言葉を聞き、頭が真っ白に……。

 

高度治療室に運ばれたさくちゃん。ただただ、娘の無事を祈ることしかできなくて……。

続きを読む

「娘と心疾患のお話」第12話

「娘と心疾患のお話」第12話

 

「娘と心疾患のお話」第12話

 

「娘と心疾患のお話」第12話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 元気に育つのが分かっているので安心して読むことができますが、この頃は本当に大変だったことと思います。続き楽しみにしています。
    +28 -2
  • 娘も同じく黄疸の光線治療のため新生児入院になりました。毎日不安でしたが、このお母さんの不安や恐怖とは比べ物になりません。お母さんもさくちゃんも本当に毎日頑張りましたね。
    +27 -0
  • 出産直後に子供が黄疸出て光線治療になって母子同室から預かりになったんですが、それでさえ不安で不安で涙が止まらなかったのに、こんな急変したりして命の危険に晒されたら正気を保てない気がする。このママさんも… もっと見る
    出産直後に子供が黄疸出て光線治療になって母子同室から預かりになったんですが、それでさえ不安で不安で涙が止まらなかったのに、こんな急変したりして命の危険に晒されたら正気を保てない気がする。このママさんもさくちゃんも本当に頑張ったと思う。
    +127 -5

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。