「放っておいて!」いつまでも歩けない娘に対するまわりの反応に…【ママならぬ日々159話】

イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第159話。おしゃべりは順調に上達していった娘でしたが、運動能力の成長はかなりスローペースでした。

寝返り、ハイハイ、つかまり立ちまでは遅めながらもできるようになっていったものの……。

 

続きを読む

いつまでも歩けない娘に…

ママならぬ日々159

 

1歳半近くになっても、何にもつかまらずに立ったり、歩いたりしなかった娘。

「まあそのうちするでしょ」とのんきに構えていた私でしたが、月齢の近い子をもつママ友と出かけると違いが顕著になってきました。以前はいっしょに寝ていたり、ハイハイしていたのに、今ではほかの子たちは走り回っているというのに、娘は屋内でも屋外でもハイハイ。

 

少し前までは「歩き出すのは遅いほうが大変じゃなくていいよ!」なんて笑っていた親やまわりの人たちからも、「え? まだ歩いてないの?」「病院へ行ったほうがいいんじゃないの?」とことあるごとに言われるように。

「いいから放っておいてよ!」という気持ちと「そんなに心配されるほどのことなのか。病院に行ったほうがいいのかな?」という気持ちが両方あって、結局何もできないまま、娘は1歳半になりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP