「圧倒的すぎる…」長女のときとの差に愕然!無痛分娩を終えて思ったことは

イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第424話。無事、無痛分娩で次女ちゃんを出産したやましたさん。出産を終えて思ったことは……?

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

無痛分娩で次女KTを出産しました。無事に生まれてくれた赤ちゃんを見ながら、私はこう思いました。

 

無痛分娩…圧倒的すぎる…

 

 

育児日記(4コママンガ)

 

 

長女N子のときは無痛分娩ではなかったので、前駆陣痛から始まり陣痛の痛みに苦しみつつ、気を失いそうになりながら酸素マスクをつけての出産でした。あまりのつらい体験に、記憶もあいまいですが、お産中口から出る言葉は「痛い」か「あと何分?」の二択だった気がします。

 

それがどうでしょう。

 

次女KT(無痛分娩)のときは、前日の夜に入院し、久しぶりに夜は優雅に爆睡、誰にも邪魔されることなくベットでごはんをゆっくりと頂き、ダラダラと過ごしたあとに「う〜ん」と数回いきんだだけでブルプルンといとも簡単にKTが生まれてくれました。

 

無痛分娩を選択するにあたり不安はゼロではありませんでしたが、痛がり&高齢出産の私にとっては「選んで良かったありがた分娩」となりました。

 

私の、この病院での、無痛分娩、10万円の価値有り!

※個人の体験&感想です。無痛分娩を推奨しているわけではございません。

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターやましたともこ

    高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP