マンガ 体験談 マンガ うちここ

「下の子のほうがかわいい」思わず耳を疑った義父の言葉。そのとき、夫の反応は…!?

8
3歳と5歳のわが子。姉妹であり、義両親はかわいがってくれているかと思いきや、ある日義父の口から耳を疑う言葉が。今後の付き合い方を考えてしまうほど無神経な言葉に苛立ちを感じましたが、今でも距離をおきながらですが、じょうずに付き合いを継続している私の体験をご紹介します。
続きを読む
「下の子のほうがかわいい」思わず耳を疑った義父の言葉。そのとき、夫の反応は…!?

 

「下の子のほうがかわいい」思わず耳を疑った義父の言葉。そのとき、夫の反応は…!?

 

好感がもてる義両親

結婚当初から義家族は私にとてもよくしてくれており、お互い遠慮せず明るい雰囲気を作っていくために、ごはんや旅行、家族で写真撮影などたくさんのイベントを組んでくれました。そのためとても好感の持てる義家族でしたし、同居はしていませんが付き合いやすく、嫁の立場からすれば周りからも羨ましいと言われるほど、嫁姑問題もなければ義父との関係も問題はなかったのです。

 

子どもが生まれたあとも程よい距離感で子守りを手伝ってくれて、現在5歳の長女は初孫だったこともあり、いろいろな所に連れて行ってくれたりと、かわいがってくれていました。

 

義父の言動が気になり始める

最初は好感のもてる素敵な義両親でしたが、第2子が生まれたあと、下の子ばかり容姿を褒めるようになり、妙な胸騒ぎがしていました。

 

上の子はたくさん遊んでくれる義父のことが大好きだったため、「じぃじ遊ぼー! じぃじこれ見てー!」と言っていたにもかかわらず、「ちょっと◯◯(下の子)を抱っこしているからあとでねー!」と、ほとんどの返しがこのパターンになりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。