娘の顔を見つめる女児たち。次の瞬間、口から出た言葉に思わず動揺して…

「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」159話です。今回は、口唇手術から2年が過ぎたというころに起きたエピソード。ある日、児童館で遊んでいたときのことです。くぴこちゃんより少し年上のお姉さんが、くぴこちゃんの口元をじっと見つめてある言葉を発します。

続きを読む

手術から2年が経過したある日、予想外の出来事が…!!

初めて受けた口唇手術から2年が過ぎ、娘の鼻の下の傷痕もだいぶ薄くなりました。

 

jeniko159

 

親から見た感じではほかの子と変わらず、口唇口蓋裂があるとは思えません。来年には4才になるので、家と病院以外の環境をもっと知ってもらいたいと思い、今後は幼稚園に入れて自分の世界を広げてほしい……そう思っていました。

 

しかし、ある日児童館で遊んでいたときのこと。

 

jeniko159

 

幼稚園の年長さん~1年生くらいの子が娘の顔を見て、口元の傷を不思議そうに見ています。

 

jeniko159

 

小さい子からのまっすぐで正直な疑問から、私から見る親の目線と、周りから見える目線とは大きく違うことをハッキリと認識した瞬間でした。

 

それと同時に、動揺が隠せません……。
 

jeniko159

 

純粋な疑問だったので、簡単にあったことだけを話すと、その子たちも「手術した? うちのママもこないだ手術したよ! 」と話題が変わり、それ以上は何も言われることはありませんでした。

 

もともと、面倒見がよいお姉ちゃんたちのようで、その後、娘と一緒に遊んでくれたので、(あぁ心配してくれたんだな……)と思うと、少し安心しました。


しかし、今後幼稚園に行くことを考えると、自分のいないところで今回のように指摘されたときに、場合によって娘が傷ついてしまうことがあるかもしれない……と思い、とても不安になりました。
 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


監修/助産師REIKO

 

★♡★♡ベビカレ秋のマンガ祭り★♡★♡

マンガ200連載突破を記念して『べビカレ秋のマンガ祭り』開催中!話題のマンガを毎日増量配信♪ぜひチェックしてくださいね!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターじぇにこ

    1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!

    同じ著者の連載

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP