暮らし 工夫 知育 遊び

「おもちゃより食いつきよすぎ!」保育園で大人気の現役保育士がおすすめする秋の遊び

18
保育士の中田馨さんが、保育園で実践している「秋の遊び」を教えてくれました。落ち葉やどんぐりなど自然を使った遊びが楽しめる時期なので、ぜひ赤ちゃんと一緒にやってみてくださいね!

秋の遊びのイメージ

 

こんにちは、保育士の中田馨です。今年は、暖か日が続きなかなか秋がやってこないな、なんて思っていましたが、ようやく秋らしい涼しい日がやってきましたね。秋は気候もいいですし、子どもたちが自然と関わりながら遊びやすい時期でもあります。今回は、そんな秋におすすめな遊びを紹介します。
 

続きを読む

1歳以上におすすめ! 落ち葉で遊ぼう

秋と言えば、落ち葉の季節。公園などに行くとさまざまな種類の落ち葉が落ちているのではないでしょうか。赤や黄色・茶色の落ち葉もあります。大きい落ち葉から小さい落ち葉など大きさの違いもあります。形もいろいろな落ち葉を子どもと一緒に触れ合いながら「黄色い落ち葉だね」「顔くらいある大きい落ち葉だね」なんてたくさん言葉かけをしましょう。

 

自然の中で、色の違いや大きさの違いを子どもは学ぶことができます。また、落ち葉がたくさん落ちているところを歩くと「カサカサ」と音がするのも楽しい! もし、子どもの顔くらいの大きい落ち葉を見つけたら、目と口に当たる3カ所に穴をあけ、お面にしてもいいですね。家に落ち葉を持ち帰ったなら、小さめの丸いシールを張って目や口にして、落ち葉で個性的な顔を作るのも楽しいですよ!

 

1歳以上におすすめ! ダイナミックにフィンガーペインティング

フィンガーペイント

用意するものは、大きい紙と絵具です。
 

大きい用紙は、四つ切の画用紙ぐらいの大きさがあるとダイナミックに遊べるでしょう。用紙の色は白でもいいですし、黄色やオレンジ色でもOK。絵具は秋の葉っぱの色を思わせるものを用意します。

 

他に準備するといいものは、下記の3つです。
・新聞紙(机の周りに絵の具がつかないように、床、机に貼り付けます)
・容器(絵具を入れる)
・水(絵の具を溶く)

 

この遊びをするときは、汚れてもいい服を着ましょうね。
 

遊び方はいたって簡単! 絵具を指につけて用紙に塗っていくだけです。初めて絵具を触る子どもはもしかするとその感触をいやがるかもしれません。「なんだこれ?」と警戒するのは当たり前。もしいやがったら、筆やスポンジなど手を汚さなくても描けるものでトライ。用紙全体に絵を描いたら、乾かします。完全的に乾いたら、落ち葉の形に切っていきます。出来上がった落ち葉は、壁や窓に貼ってもかわいいですね。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。