「産みたかったのに…」医師の衝撃発言でショックのあまり言葉を失い…【2人目は巨大児32】

「2人目は巨大児」第32話。Instagramでフォロワー2.4万人超えの、2児のママであるミロチ(@mirochi8989)さん。そんなミロチさんが巨大児だった息子さんを妊娠・出産した体験談をマンガ化!短期連載にてご紹介していきます。

医師から急に呼び出され、「紹介状を書くので大きい病院に行ってください」と、転院するよう告げられました。

医師から1つ目の問題点の過期産(妊娠42週以降の出産)の危険性、2つ目の問題点のおなかの赤ちゃんが巨大児であるということを説明されました。

母子の安全を優先に考えた医師の判断に、ミロチさんは絶望し……

 

2人目は巨大児 第32話

 

2人目は巨大児32

※私知らない→私の知らない

2人目は巨大児32

2人目は巨大児32

 

2人目は巨大児32

 

2人目は巨大児32

 

2人目は巨大児32

 

転院するよう告げられたミロチさんは、目の前が真っ暗に……。

「いや、無理でしょ」

 

「お腹の赤ちゃんが小さいときからずっとお世話になってきたんだよ」

「ここまで来て知らない先生に赤ちゃんを取り上げてもらうの? 先生だって生まれるのが楽しみだって言ってたじゃん」

 

「私はここで産みたかったのに……」

 

ミロチさんは涙が溢れ、ショックのあまり言葉が出ず、頷くことしかできませんでした。

 

すると医師が口を開き……

「僕はね、本当に悔しい」

 

「ここで産ませてあげたかったし、僕が赤ちゃんを取り上げたかったよ」

 

医師自身も悩み、苦しい選択だったと続けながら、

「一番大事なのは赤ちゃんが元気に生まれてくれること」

「そしてミロチさんも無事に出産を終えること

僕の願いはそれだけです

 

医師も本当にミロチさんとおなかの赤ちゃんを想っての判断だとわかり、ミロチさんも感謝の言葉を述べました。

 

そして翌朝には準備してもらった紹介状を病院へ取りに行くことになったのですが……

 

次回、病院の後に訪れた場所で思いもよらぬ言葉をかけられ!?

 


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターミロチ

    2人の子ども(娘・息子)を育てながら、10歳年下の旦那くんと夫婦漫才のような日々を送っているお絵かき、漫画大好きなワーママ。 永遠に終わらないダイエット中。 インスタ、ブログで子育てを中心に日常の面白エピソードを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      私も個人院でずっとみてもらってて、ここで産むんだなと思ってましたが、切迫早産で入院しここではもう難しいとのことでNICUのある大きな病院に緊急搬送されそのまま出産しました。 それこそエコーに写らないほ… もっと見る
      私も個人院でずっとみてもらってて、ここで産むんだなと思ってましたが、切迫早産で入院しここではもう難しいとのことでNICUのある大きな病院に緊急搬送されそのまま出産しました。
      それこそエコーに写らないほど小さな時から一緒に見てもらっていたので一緒に赤ちゃんを見て欲しかったショックもありましたが、搬送先でも大変良くして頂いたことと、元々通っていた産院と搬送先の病院双方の的確な判断で子どもは早産ではありますが、無事もうすぐ1歳になり身長体重平均ど真ん中と言って頂けるまで大きくなることができました。
      コロナの事もあるし、産院も毎日お忙しいと思うので実現は出来ていませんが、どちらの病院にも先生や看護師、助産師さんなど関わってくれた方々のお陰で健康に大きく育つ事が出来たとお礼に行きたいです🥲
    • 通報
      産む場所より元気に子供を産める場所でしょ。
      自分の事だけ考えず我が子の健康優先でしょ
      +35 -13

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶