「千円あげるから1回やらして」夜の生活を減らされ不満な夫、信じがたいことを言い出して… #モラ夫 45

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

夜の生活を強制的に再開させられ「週1」の約束がストレスになり、夜になると蕁麻疹がでるようになったモグさん。

体調不良を口実に長期間実家へ帰ろうとしたものの、それを嫌がった夫。

 

帰省しないのと引き換えに「週1」の約束を「月1」に減らす交渉に成功! しかし、翌日から夫の無視が始まる。

 

強欲な夫は、とんでもないことを言いだした!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第45話

 

夜の生活を減らした翌日から、無視が始まった。

話しかけても無視されて、被害者は俺だと言わんばかりの態度……

 

「約束の日」になると機嫌が良くなり、翌日からまた不機嫌モードになって無視される……そんな毎日。

 

無視をされていても「約束の日」はしないといけないし、これまで先延ばしにしてしまった分、しばらくは月1回以上応じないといけなかった。

 

「夫が無理」「触られるのも嫌」と感じたまま、強要される生活……蕁麻疹は治らなかった。

 

そんなある日、夫が想像を超越する提案をしてきた。

 

「1000円あげるから、月2回にしてほしいんだけど」

 

「え?」

 

何言ってるの……?

 

私は開いた口が塞がらなかった。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      顔が気に入ったから自分で選んだ相手だろ? 子供が産まれたらもういらないって言ってるバカ嫁が何で当たり前みたいな世の中になったのか? 男も妊娠前の女も一所懸命セックスするのに子供が産まれたらいきなり女は… もっと見る
      顔が気に入ったから自分で選んだ相手だろ?
      子供が産まれたらもういらないって言ってるバカ嫁が何で当たり前みたいな世の中になったのか?
      男も妊娠前の女も一所懸命セックスするのに子供が産まれたらいきなり女はもうしたく無いって言って男が皆理解すると思っているのがナンセンス。
      男と女は元々違う生き物だしお互いの言い分が有るのが普通だが、女の言い分だけが主張されて男はキチガイかの様に描いて金を稼げる女は得だな。
    • 通報
      金渡した夫も夫だけど、そもそも毎日でもいいからしたいものを、週一にされしまいには、月一にされたら不満もあるだろうよ。この件に限定すれば夫に一方的に譲歩させてる訳だから、正直どっちもどっち。 一回もした… もっと見る
      金渡した夫も夫だけど、そもそも毎日でもいいからしたいものを、週一にされしまいには、月一にされたら不満もあるだろうよ。この件に限定すれば夫に一方的に譲歩させてる訳だから、正直どっちもどっち。
      一回もしたくないなら、別れれば良いだけ。同情出来ない。
      そもそも、この漫画自体、アホな女に顔だけでチヤホヤされて性格の歪んだ顔だけアホ男と、顔で選んだ馬鹿な女の漫画。自業自得。
      一番不思議なのは、もっと金出せって言ってるコメント欄だよ。妻は風俗嬢じゃないでしょ。額じゃないでしょ。漫画もバカなら、コメント欄もバカが多いと思う。
      +71 -68
    • 通報
      1000円て、、、
      しかも金くらいで何とかなると思ってるのがキモ
      +98 -15

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP