「謝るとかできないんですか?」え、悪いのはうち!?公園で出会った衝撃的な親子【体験談】

現在4歳の娘と7カ月の息子を連れて公園に遊びに行ったときのことです。その日は家の近くの大きな公園で遊んでいたのですが、1人の女の子が棒付きの飴を口にくわえたまま遊具で遊んでいました。それを注意したところ、その子のママとトラブルに発展してしまい……。

公園で遊ぶイメージ

 

続きを読む

棒付き飴をくわえたまま遊ぶ子

その公園は敷地の高低差が大きく遊具もダイナミックな物が多いので、その場所で遊ぶとかなり体を動かすことになります。そんな公園にいたのが、棒付き飴を口にくわえたまま遊んでいる女の子。「危ないな」とは思いましたが、ママも付き添っていたので口は出さないでいました。

 

その女の子が娘と同じタイミングで網を登る遊具を使うときがありました。同い年くらいということもあって、女の子の後ろから娘がついて行く形で一緒に登って行ったのですが、このときにトラブルが起きてしまったのです。

 

棒をくわえたまま転倒!

最後に網を登りきるところで、その女の子が顔から転倒! 目の前にいた私はギョッとして、すぐにその子を抱えて起こしました。女の子は「うわー!お口痛いー!!」と大泣き。私は思わず「棒をくわえたまま遊ぶのは危ないよ」と言ってしまいました。


かけつけたママに女の子がしがみつき、わんわん泣いています。娘は「大丈夫かな?」と心配そう。そして次に女の子が言った言葉が衝撃でした。「あの子(娘)に押された! あの人(私)に怒られた!」と言うのです! 思わず「えぇ!?」と声をあげてしまいました。もちろん娘は押しておらず、女の子は自分で転んだのですが……。

 

説明してもわかってもらえず

そのママはキッと私たちをにらみ、女の子に「そうなの? 痛かったね」と話します。私は状況を説明しようかと思いましたが、なんだか言い訳のようになってしまいそうで考えあぐねていると、そのママは「何か言うことはないんですか? 謝るとかできないんですか?」と強い口調で言ってきました。


私は「いや、お子さん、最後自分で転んじゃって。あと私は棒をくわえてたら危ないよって言っただけで」と説明しました。しかし、そのママは「この子のせいになるんですね? わかりました」と怒って帰ってしまったのです。

 

 

取り付く島もなく怒って帰ってしまった親子に、後味の悪さだけが残りました。一緒に遊んでいた娘は、棒をくわえたまま転んで痛い思いをした女の子を目の前で見たことで、棒付きの飴を見ると「これ食べながら遊んじゃダメなんだよ」と言うように。思い出すとモヤモヤする出来事ですが、娘が1つ学んでくれて良かったと思うようにしています。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


著者:山口花

田舎で1女1男を育てる母。コーチングの資格を子育てに生かしながら日々奮闘中。主に妊娠・出産・教育の記事を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP