マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

「実は私…」ショックで時が止まった気が…。あまりに衝撃的だった告白とは?

3
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記第443話。たまたま保育園で遭遇したYちゃんのお母さん。気になっていたことをおもいきって聞いてみました。

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

保育園で長女N子と同じクラスだったYちゃんのお母さん。激やせしていた姿を見てから、もしかして、何か悪い病気なのかと夫婦で気になっていましたが、しばらくゆっくりと会うチャンスがなく、その話を聞けずにいました。

 

そんなある日、たまたま保育園で遭遇できたので、思い切って病気のことを聞いてみました。

 

すると衝撃の返事が返ってきました。

 

育児日記(4コママンガ)

 

 

「実は私、ガンやねん」

 

彼女のその返事を聞いたとき、一瞬、時間が止まった気がしました。

 

え? ガン?

 

またしても、私の頭のなかでいろんな思いが駆け巡りました。

 

「大丈夫ですよね? 治療が可能な大丈夫なタイプのガンですよね?」そう聞きたかったですが、真っ白になった私の頭では、何をどう、どこまで聞いていいのか、まったくわかりませんでした。いろいろ踏まえて「大丈夫なんですか?」と聞いてみると、Yちゃんのお母さんはいつもの笑顔で「ん〜まぁ治療してる」と答えてくれました。

 

朝の忙しい時間だったこともあり、彼女はそれ以上は語りませんでした。

そのときの風景も彼女の笑顔も、私は今でもはっきり覚えています。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 442話

「病気だったら行かん…よね?」聞けなくて後悔!色んなことが頭を駆け巡り…

次の話を読む 444話

「また入院やね~ん」変わらない笑顔いっぱいの姿なのに、違和感を感じてしまい…

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

マンガ家・イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。