暮らし 工夫 事故 安全対策

抱っこひもからの転落事故に要注意!

59

抱っこ紐

 

育児アイテムの中でもマストな抱っこひも。実はちょっと使い方を間違えると転落事故になることがあります。では、どのような点に気をつければ事故が防げるのでしょうか? 赤ちゃんを守るためにも事前に知っておくと安心です。 

 

続きを読む

どんなときに起こりやすい?

抱っこひもによる転落事故で多いシチュエーションは次の3つ。

 

・抱っこひもの脱着時

・赤ちゃんを抱えながらのひもなどの調整

・前かがみになったとき

 

どれもきちんと注意していれば防げるものです。特にひもの調整の際には、赤ちゃんは下ろした状態でするようにし、前かがみになったときには赤ちゃんの頭に手を添えるといいでしょう。

 

低月齢の赤ちゃんこそ注意

低月齢の赤ちゃんは体が小さく、その分頭が重いため、頭部から転落する事故が多く報告されています。

 

例1)

生後1カ月の赤ちゃんが抱っこひもで抱えられている状態のときに、母親が玄関で鍵を落とし、拾おうと前かがみになった際に赤ちゃんが頭部から転落。

 

例2)

生後4カ月の赤ちゃんを抱っこひもで抱っこしていた。券売機で券を買おうと、床に置いたバッグから財布を取ろうと前かがみになった際に赤ちゃんが頭部から転落。

 

バックルなどはすべて閉めている状態でも、前かがみになると事故につながることがわかります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。