「結局プラマイゼロ!?」お日さまの光に救われたけど思わぬリスクも… #くそ地味系40代独身女子 41

「くそ地味系40代独身女子」第41話。アラフォー独身女子の大日野カルコさんの「くそ地味」な日常を描く連載マンガ。今回は、大日野さんが実感したセロトニン効果についてのお話。日光浴は良いことがたくさんあるようですが……。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

日光浴でセロトニン効果を実感するも…

#くそ地味系40代独身女子 41

 

#くそ地味系40代独身女子 41

 

どうも、くそ地味系40代独身マンガ家の大日野カルコです。

 

アラフォーになり「太陽って希望そのもの」とヒシヒシ感じるようになりました。これも年を取った証拠ですかね?

 

落ち込んだことがあっても、お日さまを浴びながらだと、なんだか気持ちが前向きになれる。
なんでかな? と思っていたら「セロトニンの効果」について書いてある本を読み、その仕組みがざっくりわかったんです。

 

本当にざっくりですが、太陽を浴びると、三大脳内伝達物質として有名なセロトニンの分泌を促し、そのセロトニンが他の脳内伝達ホルモンを整え、気持ちを安定させる効果があるそうです。

 

仕事でも、夜に出したアイデアってなんだかセンチメンタルになるし、悩んでいることも夜に作業すると深刻になることがあってたのですが、光の「あるなし」が神経と密接に関係していたのかと納得!

 

それからは、アイデアを出すときは午前中、作画など作業に没頭したいときは夕方と使い分けるようにしてみたら、本当に制作全体がラクになりました!

 

悩みがあっても「明日太陽を浴びながら改めて考えてみよう」と思うようになったし、制作に煮詰まったら即ベランダに出て日光浴しています。

 

そんなわけで、すっかりメンタル面では切り替えじょうずにはなれたけれど、思わぬ誤算もあって……。

 

鏡を見るたびに小さかったシミが明らかに大きくなっている……!!
私の場合、ベランダに長時間いたためと思われます(涙)。

 

メリット、デメリットで結局プラマイゼロ?

 

皆さま、そのへんはお気を付けて日光浴をしてみてください。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター大日野 カルコ

    くそ地味系マンガ家。著書にエッセイ漫画『39歳、私いつまでこのまんま?〜アラフォーからのマインドリセット』。ブログ「アラフォーからのやり直しLife」を日々更新。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶