家でも体力発散できる!現役保育士おすすめの冬のおうち遊び

保育士の中田馨さんが、冬のおうち遊びについて教えてくれました。家にあるものを使った遊びや室内にいながら、体を使った遊びなどおうちにいながら楽しい遊びがいっぱい!

育児に悩むママたちのイラスト

 

こんにちは!保育士の中田馨です。毎日寒い日が続きますね。寒いとなかなか外遊びに行きづらいもの。おうちあそびが多くなっているご家庭も多いのではないでしょうか?公園に行けば走り回ったりして体力を使うので、昼食やお昼寝もスムーズ。でもおうちあそびだと元気な子どもの体力は余りっぱなし!

今回は、子どもが熱中する冬のおうちあそびを紹介します。

 

※直径39mm以下(トイレットペーパーの芯を通るもの)のものは誤飲する恐れがあります。赤ちゃんに渡さないでください。

 

続きを読む

静かに集中する遊び「落とす」

子どもは「穴に落とす」ことが大好きです。お散歩に行ってマンホールの穴に小石や葉っぱを落とすのも好きですよね?なので、「落とす」遊びをしてみましょう。「落とす」遊びは発達によって変化していきます。

 

0歳児・1歳児 積み木のポットン落とし

少し高さのあるタッパーと四角い積み木を用意します。タッパーのふたには積み木より一回り大きな穴をあけます。その穴に、積み木をつかんで落とします。

 

2歳児 ストロー落とし

500mlのペットボトルとストローを用意します。ペットボトルのふたにストローより一回り大きな穴をあけます。ふたを閉めたら、穴にストローを落とします。ストローを全て落としたら、落としたストローを数えてみるなどするとより発展的に遊べます。

静かに集中する遊び「切る」

2歳半ごろからハサミを使えるようになってきます。画用紙を1cm×7cmくらいの長さに切っておいたものを、子どもにハサミで1回切りしてもらいます。ただただ切るだけでも楽しいのですが、切ったものをさらに活かす遊びを取り入れてみましょう。

 

ピザ作りで「切る」→「貼る」の発展遊び

ピザ作りで「切る」→「貼る」の発展遊び

 

用意するものは、ピザの具になりそうな色の画用紙、厚紙(段ボールでもOK)、のり。

画用紙はそれぞれ1cm×7cmくらいの長さに切っておきます。厚紙は直径10cmくらいの円に切ります。子どもに画用紙を切ってもらい、円形の厚紙に切った画用紙をのりで貼り付けていけば、ピザのできあがり!

 

のりが乾いたらカットして普段のままごと遊びに取り入れてもいいですね。

はさみは、子ども一人で使わせないようにしてください。ハサミを使う時は必ず大人がそばで見守りましょう。

体を動かす遊び「段ボールトンネル」

おうちにある段ボールをあるだけ用意します。恐らく、いろいろな大きさの段ボールがあることだと思います。子どもがギリギリ入れるだろう…というサイズの段ボールなら、小さくてもOKです。

 

段ボールの上下のガムテープをはがし筒状にして上下ともに内側に折り込みます。折り込んだ端は当たってケガをしないようにガムテープを貼りつけ補強しておきましょう。この筒状の段ボールをいくつも作り、それぞれを合体させ、長いトンネルを作ります。

 

大きなトンネルだったのに進んでいくうちに小さなトンネルになっていたり、2方向に分かれたり。トンネルの作り方によってさまざまな楽しさを味わえます。

子どもはトンネルの中をハイハイして進みます。このハイハイ、0歳さんはお手の物でしょうが、1,2歳さんにとっては久々です。全身運動になりますよ!

 

体を動かす遊び「おうちの中でストレッチ」

おうちの中にあるものを使って運動遊びをしていきましょう。例えば、布団やマット、クッション、踏み台、折り畳みの机など、子どもが遊んでも危なくないものを何でもかき集めてきます。布団やマットは山になりのりこえることができますし、長細くたためば平均台にもなります。クッションはいくつかあれば飛び石に。踏み台からはジャンプができ、机はトンネルになります。これらをすべて連続させて置いて、運動遊びをするのです。

 

全身運動をするので、部屋の空間を広げて遠慮なく動ける環境にし、クッションなど「ずれたり滑って危険かな?」と思うものには養生テープで床や壁とくっつけるなどの補強も大切です。ママがそばで見守りながら何度も何度もチャレンジしましょう。ママも参加できそうなら一緒に遊んで楽しみましょう。

 

 

おうちの中でも遊びは無限大に広がっています。工夫しながら遊んで、寒い冬をのりこえましょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP