育児に積極的なパパ!しかし、突きつけられたのは「ママ」という現実で…

2021年4月に第一子となる娘さんを出産した際、ご夫婦で1年間育休を取得したという、こむぎ(@komugi_baby77)さんによる連載育児マンガ、「夫婦で育休1年とってみた」第2話。今回は育児の参考書を読んだときのパパのお話です。普通の育児についての参考書をパパ視点で読んでみると、そこには悲しい発見があって……!?

 

続きを読む

育児書に「パパ」という文字は見当たらず

育児書の悲しみ

 

ようやく「パパ」という文字を発見! しかし…?

育児書の悲しみ②

1年間の育休を取得し、育児にやる気満々の夫。

 

「早速勉強するぞ! 」と育児書を開いたものの、目に飛び込んでくるのは、「ママ」の文字ばかり。

 

やっと「パパ」の文字を見つけても、あくまでサポートとしての説明ばかり。

 

自分が育児するつもりで読み始めたにも関わらず、”育児の主体はママ”という書きぶりに、ちょっと切なくなってしまったようです。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターこむぎ

    0歳女児を育てる新米ママ。夫婦そろって一年間の育休を取得。ダブル育休エッセイの文や漫画を、SNSにて更新中。

    同じ著者の連載


    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターモイライ

    主に作画で活躍中。代表作「メキシコでアミーゴ!」

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      面倒くさい夫ですね
      基本はママが多いのだから仕方ないとはならんのですね
      +10 -68
    • 通報
      たしかに(笑)

      育児書なんか見せたこともないけど
      (きっと読まないから)
      これからも見せないでおこう。

      旦那の育児に不満がない人は
      まじで見せない方が良いかもね…(笑)
      +58 -5

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP