「頑張って生きてます」転院先の先生の言葉に思わず涙がこぼれて… #双胎間輸血症候群になった話 2

「双胎間輸血症候群になった話」第2話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。前回医師から「TTTS(双胎間輸血症候群)で間違いないと思います」と告げられたさゆりさん。通院していたこの病院では手術ができないため、紹介状を書いてもらい、別の病院を受診することになったのですが……?

 

「双胎間輸血症候群になった話」第2話

双胎間輸血症候群になった話 2

双胎間輸血症候群になった話 2

双胎間輸血症候群になった話 2

 

双胎間輸血症候群になった話 2

 

双胎間輸血症候群になった話 2

双胎間輸血症候群になった話 2

 

双胎間輸血症候群になった話 2

双胎間輸血症候群になった話 2

 

「お母さんのおなかの中で、頑張って生きてます」

 

先生の言葉に、さゆりさんは思わず涙ぐんでしまいます。

 

説明や治療法をできるだけ冷静に聞こうと努めますが、不安な気持ちを隠し切れず……。

 

また、先生からは”今の段階では条件を満たしていないため、すぐに手術はできない”と言われてしまい……!?

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさゆり

    和歌山県出身。食べることと絵を描くことが好き。双子の男の子の母。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶