さゆりの記事

マンガ家・イラストレーター

さゆり

和歌山県出身。食べることと絵を描くことが好き。双子の男の子の母。

Twitter:@NANASHIORI

連載(1)
記事(8)
感謝の気持ちが止まらない…!退院する前日に先生から渡された物とは? #双胎間輸血症候群になった話 最終回
「双胎間輸血症候群になった話」最終回。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから出産に至るまでのお話です。短期連載にてご紹介します。入院の目標としていた22週を迎えたさゆりさん。診察後は、先生から退院OKの許可をもらいました。さらに、「渡したい物がある」と言われて手渡されたのは……?
「ふたり生きてたよ」夫に赤ちゃんの無事を報告すると…? #双胎間輸血症候群になった話 7
「双胎間輸血症候群になった話」第7話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。無事に手術を終えたさゆりさん。手術の効果について先生から伝えられると、「よかった……」と安堵します。精一杯お礼を伝えると、先生からは入院の期間について説明されて……?
「術後の変化に赤ちゃんは耐えられるの?」手術後も不安はつきなくて… #双胎間輸血症候群になった話 6
「双胎間輸血症候群になった話」第6話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。手術中、先生が赤ちゃんを見せてくれました。おなかにいる2人の赤ちゃん。小さくても頑張ってくれているその姿を目の当たりにすると、さゆりさんの目から涙がこぼれてしまいました。いよいよ手術は終盤へ……!
手術の終盤。モニターに双子の赤ちゃんが映されると、思わず涙が…。 #双胎間輸血症候群になった話 5
「双胎間輸血症候群になった話」第5話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。「双胎間輸血症候群」と診断されたものの、手術の条件が揃わず、何もできない自分に無力さを感じていたさゆりさん。しかし、やっと条件が揃い、手術をおこなうことになって……!?
診察室の空気が変わった!医師の口から手術のGOサインが出て… #双胎間輸血症候群になった話 4
「双胎間輸血症候群になった話」第4話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。先生の診察を受けとたさゆりさんですが、手術ができる条件をまだ満たしていないということから、明日もう一度診察することに。そして、迎えた翌日。診察の結果は……!?
「気付いてあげられなくてごめん」体の異変は赤ちゃんからのSOSで… #双胎間輸血症候群になった話 3
「双胎間輸血症候群になった話」第3話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。転院先の先生から現状と治療法の説明を受けたさゆりさん。しかし、今の段階は条件を満たしていないため、すぐに手術は受けられないと言われてしまい……!?
「頑張って生きてます」転院先の先生の言葉に思わず涙がこぼれて… #双胎間輸血症候群になった話 2
「双胎間輸血症候群になった話」第2話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。前回医師から「TTTS(双胎間輸血症候群)で間違いないと思います」と告げられたさゆりさん。通院していたこの病院では手術ができないため、紹介状を書いてもらい、別の病院を受診することになったのですが……?
順調だったはずなのに。一瞬固まった医師の表情。告げられた現実は… #双胎間輸血症候群になった話 1
短期連載にてご紹介する「双胎間輸血症候群になった話」第1話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。双子の赤ちゃんを妊娠したさゆりさんは幸せいっぱい! 2週間前の健診では、赤ちゃんたちの元気な様子を確認し、今回も赤ちゃんの様子が見えるエコーの時間を楽しみにしていました。しかし、先生の表情は一変。何だか問題が起きたようで……!?
PICKUP