「ふたり生きてたよ」夫に赤ちゃんの無事を報告すると…? #双胎間輸血症候群になった話 7

「双胎間輸血症候群になった話」第7話。このお話は、さゆり(@nagusan.s)さんが妊娠してから19週に入ったころのお話です。短期連載にてご紹介します。無事に手術を終えたさゆりさん。手術の効果について先生から伝えられると、「よかった……」と安堵します。精一杯お礼を伝えると、先生からは入院の期間について説明されて……?

 

「双胎間輸血症候群になった話」第7話

双胎間輸血症候群になった話 7

 

双胎間輸血症候群になった話 7

 

双胎間輸血症候群になった話 7

 

双胎間輸血症候群になった話 7

 

双胎間輸血症候群になった話 7

 

さゆりさんが入院中もお見舞いにくるなど、さゆりさんのことを終始サポートしてくれていた旦那さん。

 

「2人生きてたよ」

 

旦那さんに報告すると、泣きながら床に座り込みます。

 

旦那さんが帰ると眠りについたさゆりさんは、お母さんが笑っているという夢を見るのでした。

 

そして、いよいよ目標としていた22週を迎えることに――。

 

診察後は、先生から退院OKの許可をもらいます。

 

そして、「渡したい物がある」と言われて……?

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさゆり

    和歌山県出身。食べることと絵を描くことが好き。双子の男の子の母。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶