食・レシピ 妊娠食 コツ・ヒント 食生活

ベビーのためにも気を付けたい!妊娠高血圧症候群を食事で予防

20
妊娠後期になると起こりやすいのが、妊娠高血圧症候群です。毎日の食事で予防することが肝心です。急激な体重増加は、高血圧にも影響をもたらします。食材の選び方を変えながら、塩分とカロリーを控えめにした食事を摂るように心がけましょう。塩分の目安は1日7gです。

 

妊娠後期になると起こりやすいのが、妊娠高血圧症候群です。おもに血圧が高くなり、尿たんぱくが出る症状のことをいいます。

 

原因はまだよくわからない部分もありますが、症状がひどくなると赤ちゃんの発育や、産後もママの体にも影響を与える心配があるので、毎日の食事で予防することが肝心です。今回は、妊娠高血圧症候群を予防するためにどんな食事をするといいのか解説します。

 

続きを読む

体重をしっかりコントロール!

妊娠高血圧症候群につながりやすいのは、何と言っても「肥満」です。妊娠前と比べて体重が急激に増えすぎないように、赤ちゃんのためにもママの体のためにも体重をきちんと管理することが大切です。

 

とくに妊娠する前から高血圧だったママや、太りすぎを指摘されていたママ、双子や三つ子がおなかにいるママの場合は注意が必要です。

 

【関連リンク】
出産・産後はどうなる?妊娠高血圧症候群がママと赤ちゃんに及ぼす影響
妊娠高血圧症候群と診断されたら・・・ママは?赤ちゃんは?

 

塩分控えめ、薄味の食事にする!

高血圧を予防するためには、塩分を控えることが欠かせません。塩分の目安は1日7g。減塩でもおいしく食べるために、素材本来の味わいを生かした料理にしましょう。

 

たとえば汁物の場合は、だしの風味をしっかりきかせることで無理なく減塩することができます。また、レモンや酢などの酸味や、カレーなどの香辛料などを加えると、酸味や香りもプラス。塩分をカットしながら、満足感を得ることができます。

 

できるだけ市販の加工食品やお惣菜を使わずに、塩分を調整できる手作りの食事を心がけましょう。

 

【関連リンク】
実は原因はまだはっきりわかっていない?妊娠高血圧症候群って?
【妊娠・出産のQ&A】妊娠初期から、妊娠高血圧症候群の食事制限を始めています

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。