半透明で小さいレチナの管理に悩む日々!夫婦で話し合った結果は…?

「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」171話は、軟口蓋裂手術以降毎日つけていた閉鎖床とレチナについてのお話です。閉鎖床については特に問題はなかったものの、レチナに関しては半透明で2cmと小さいため、なくしやすく困っていたのですが……?

半透明でなくしやすいレチナ。試行錯誤の上、とった策は…

軟口蓋裂手術以降毎日つけていた閉鎖床(※1)とレチナ(※2)は、今まで家の中で管理していた装置ですが、幼稚園が始まってからその扱いに変化がありました。

 

まず閉鎖症について……。

 

(※1)閉鎖床:口の中の保護をするほか、言語訓練をする際に発音や発声の補助としても、大事な役割を担う装具

 

(※2)レチナ:鼻の形を維持する目的で使用するシリコン製の装具

 

jeniko171

 

くぴこも4歳になり、閉鎖床に関しては少し扱いに慣れたようで、幼稚園に入るまでに口から外れた場合は先生に伝えることを言い聞かせていました。

 

入園の面談の時点で、娘の口唇口蓋裂のことについては、幼稚園側にも理解をいただき、閉鎖床やレチナの取扱いについて書類にまとめて周知していることもあり、特に大きな問題はありませんでした。


しかし、レチナに関しては……

 

jeniko171

 

それからつけては度々失くしたり、つけずに帰ってくるなど、なかなかうまくいかない日が続きました。

 

jeniko171

 

鼻の形がまた変形してしまうことに繋がるので、まったくつけないわけにはいかず。
 

まぴこもまだ小さく、夫も仕事があるので、失くすたびに病院に向かうのも難しい……。


夫婦で話し合い、いろいろと悩んだ結果……。

 

jeniko171

 

鼻の形の維持のためにも、親としてはしっかりレチナをつけてほしかったですが、
こればかりは仕方ありませんでした。

 

でも、家の中だけつければいいという気楽さは娘にとってはうれしかったらしく、幼稚園から帰ってから自らつけてくれるようになってくれました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターじぇにこ

    1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶