「カオスすぎる…」彼の家族に驚愕!結婚報告のため、両家が集まった席で目にしたのは…

24歳のときに新潟出身の彼と結婚し、今年で結婚12年目になります。結婚が決まって彼の家族や親戚に挨拶に行くと、そこには信じられない光景が広がっていて……。

「カオスすぎる…」彼の家族に驚愕!結婚報告のため、両家が集まった席で目にしたのは…

 

「カオスすぎる…」彼の家族に驚愕!結婚報告のため、両家が集まった席で目にしたのは…

 

続きを読む

新潟出身の彼と結婚

もともと私は、お酒が入ると騒いだりする父親の影響もあって、お酒にはいいイメージがなく、普段からお酒はあまり飲んでいませんでした。それに、友人とは飲みに行くよりも食事に行くことが多かったので、そもそも飲む機会もあまりなかったのです。

 

そんななか、私が24歳のときに新潟出身の彼からプロポーズを受け、結婚することに。そして、私と彼の両親、彼の姉夫婦が集まる顔合わせ当日。彼の家族はみなお酒を飲むと聞いていたので、飲み放題を注文していました。そこで私は、信じられない光景を目にすることに……。

 

義家族の飲みっぷりに驚愕!

ビールで乾杯したあと、「そろそろ違うお酒に変えましょうか」という話になり、義家族側が「日本酒で!」と声を揃えて言うのです。

 

私は、「もう!? えっ、もう日本酒にするの?」とビックリ。でも、そこからがすごいのです。彼の両親、姉夫婦達たちも全員、日本酒を飲む手が止まりません。普段からよく飲む私の父でさえ衝撃的だったようで、かなり驚いた表情でした。普段、カクテル2杯ぐらいしか飲めない私にとっては、この光景はもはやカオスでしかありませんでした。

 

そして、私は「新潟の人たちってこんなに飲むのか……この義両親や親戚たちとうまくやっていけるんだろうか?」と、今後の付き合いが不安でしかありませんでした。

 

義母からの圧力がすごい…

その後、無事に入籍を済ませましたが、私の不安は的中。年に2回、お盆とお正月に義実家に帰省するのですが、帰省するたびに義母から「お酒用意したわよ!」と、勧められるようになりました。

 

彼は、私をかばって「あまり飲めないから」と義母に伝えてくれます。でも、「新潟の嫁なんだから、少しぐらい飲むのは当たり前! 自分が飲めなくてもまわりが飲むのに付き合いなさいよ!」といったプレッシャーをかけられ、結局は飲むことに。本当に苦痛でしかありません。

 

「ビールはもちろん飲めないし、日本酒なんてとんでもない!」と毎回伝えているのですが、義母からは「これはフルーティーだから飲めるわよ!」と、いやいや飲まされることもしばしば。そのころの私は、新潟人は全員お酒が強いと思い込んでいました。

 

彼の友人のひと言にビックリ

そんなある日、彼と、彼の友人たちと飲みに行くことに。彼の友人に「せっかくだけど、私はあまりお酒を飲めなくて…」と話すと、「いやいや、大丈夫! 彼の家族が異常なんだよ! 新潟人が全員あんなに飲むとは限らないからね!」と言われたのです。

 

私は、「えっ! 新潟人はみんなお酒が強いんじゃないの…?」とビックリ! とはいえ、その友人に「あの家族が異常で、新潟人全員がお酒が好きで強いわけじゃないから」と言われ、「無理やり飲まなくてもいいんだ」と、ホッとしました。それによく考えたら、「ほかの新潟人と飲んだことはなかったし、確かに彼の家系だけなのかもしれない」と、納得もできました。

 

それからは、彼に「お義母さんたちにお酒を勧められることがやっぱりイヤだし、もしまた勧められることがあれば、一緒に断ってほしい」と、改めて伝えました。それからは、「飲まないの? おいしいわよ!」とチクチク言われはしますが、彼にも助けてもらって断れるようになり、なんとか飲まずに過ごせるようになりました。

 

 

あまりいいイメージのなかったお酒。楽しく飲むぶんにはいいのですが、本人の意思を無視して無理やり飲ませるのは、やはりいいことではありません。

 

いくら義両親からの勧めであっても、飲めないものは飲めません。自分が飲むからまわりも飲むのは当たり前、と思っている義両親が異常だったのです。 まだ若かった私は、断ることができずイヤな思いをしてきました。でも、それから私も成長して断れるようになりましたし、最近は心に余裕もできて、「楽しく飲めるのなら、少しぐらい付き合ってもいいかな」と思えるようにもなりました。

 

文/新潟のお嫁さん
作画/ちゃこ

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    • 通報
      1回言われるがまま飲んで、泥酔して義実家でゲロ撒き散らしちゃお!
      捨て身すぎるけど笑
      +13 -3
    • 通報
      新潟県が酒豪県って初めて知った!!東側の人だけの認識じゃないん?酒豪なんか県問わず幾らでもあるし!!
      あんまり酒飲まれへん人に無理やり勧めたりグチグチ言うって県とか酒豪以前に人間性を疑う
      +58 -3
    • 通報
      新潟県出身の者です。 私も他県出身の人には必ずと言っていい程「新潟出身ならお酒強いんでしょ」とか「みんなたくさん飲むんでしょ」とか言われますし、実際私の親戚もよく飲む家が多いです。 お酒弱い人に無理に… もっと見る
      新潟県出身の者です。
      私も他県出身の人には必ずと言っていい程「新潟出身ならお酒強いんでしょ」とか「みんなたくさん飲むんでしょ」とか言われますし、実際私の親戚もよく飲む家が多いです。
      お酒弱い人に無理に勧めたり嫌な思いをさせるのは良くないけど、それって「新潟県」は関係ないですよね?他県でも酒豪の人はいるし、無理に勧めようとする人もいるし。
      恐らく作者様やネタの投稿者様には悪意は無いんだろうけど、ここまで「新潟県」「新潟県」って描き方をされると、私は同県出身者として、あまりいい気はしませんでした。えー…、ここまで県名を出す必要ある?と…。それなら「酒豪が多いと言われる県」とか「日本酒で有名な県」みたいに濁しても、別に良かったんじゃないかな、と。

      細かく気にし過ぎですかね?
      +41 -43

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP