「何も処置できません」ドロッと出血…不安で受診すると医師からまさかの言葉が…【930グラムのいのち 2】

「930グラムのいのち」第2話。2年間の不妊治療の末に妊娠することができた鳥野とりこさん。受診する前日に出血したことを医師へ相談すると……

医師からは、ホルモン補充期(不妊治療の治療法の1つ)は出血しやすく、茶色の出血なら古い血が出ているだけだから大丈夫、と言われて安心したのですが……

 

続きを読む

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

 

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

 

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

 

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

930グラムのいのち 第2話

 

事務のパートをしていた鳥野とりこさんは、妊娠が判明した翌日も仕事のため出勤していました。

勤務中に“ドロッ”と出血した感覚があり、慌ててトイレへ駆け込むと、念のためにつけていたナプキン1枚が真っ赤に染まっていました。

安定期どころか、通常の妊娠ならまだ妊娠すら判明していない週数でしたが、上司へ状況を話して早退させてもらい、不妊治療クリニックで診てもらうことに。

 

急ぎたくても走れないため、焦る気持ちを抑えてクリニックへ向かい、

エコーで診察してもらうと……

 

「特に異常はありませんでしたし、妊娠週数が早すぎるので何も処置ができないんですよね」と医師から告げられました。

 

血を固める薬を処方してもらったおかげか、その日のうちに出血が止まって安心したのですが……

 

その後もピンクや茶色のおりものが出たり止まったりすることが続きました。

 

そして、出血に加えて妊娠期間中に鳥野とりこさんを苦しめたのは、つわりでした。

 

妊娠初期は空腹になるとムカムカしていたため、職場ではすぐにつまめる食べ物を常備。

食べられるものが限られ、コンビニの冷えたおにぎりやフライドポテトなど偏ったものしか受け付けなかった鳥野とりこさん。

 

さらに妊娠8週になると寝たきりになってしまい……

 

次回、つわりでボロボロになりながらも、赤ちゃんの心拍を確認できたのに……

 


 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター鳥野とりこ

    2017年1月に27wで930グラムの息子ねこ太を出産。Instagramにて、早産に至ったエピソードや、保活のお話、発達障がいのお話を描いています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP