鳥野とりこの記事

マンガ家・イラストレーター

鳥野とりこ

2017年1月に27wで930グラムの息子ねこ太を出産。Instagramにて、早産に至ったエピソードや、保活のお話、発達障がいのお話を描いています。

Instagram:@torico_bird(https://www.instagram.com/torico_bird/
ブログ:いろ鳥どり日記(https://torico-bird.com
連載(1)
記事(13)
「性別は女の子っぽいねー」さっそく夫と名前を検討!が、まさかの事実が判明して…【930グラムのいのち 12】
「930グラムのいのち」第12話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することになりました。ある日、鳥野さんに血栓ができていることがわかり、治療が始まりました。出血やつわりに加え、血栓の治療はつらいものでした。そんななか、おなかの赤ちゃんの成長を聞くのが鳥野さんの楽しみに。赤ちゃんの性別は、女の子。そう聞いていて、夫婦は女の子の名前を考えていました。
「もう少々の事では驚かない」と思った私が動揺。告げられた驚愕の事実とは…【930グラムのいのち 11】
「930グラムのいのち」第11話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することに。妊娠22週を迎えた日、医師から赤ちゃんの延命措置について、意思を確認されました。夫と話し合い、もしものときは延命措置をおこなってもらうことに決めます。そして鳥野さん夫婦は妊娠12週ころの出来事を振り返りました。それは出生前診断の1つである「胎児ドック」のことでした……。
赤ちゃんの延命措置…悩む私をよそに、夫が出した答えに拍子抜け! 【930グラムのいのち 10】
「930グラムのいのち」第10話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することに。しかし、吐き気やひどい下腹部痛はおさまらず、また血液検査の数値もよくありません。妊娠22週を迎えた日、医師から赤ちゃんの延命措置について、意思を確認されました。
「意思確認をしたい」医師から突然の呼び出し…。説明を受け、私は頭が真っ白に…!【930グラムのいのち 9】
「930グラムのいのち」第9話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することに。しかし、吐き気やひどい下腹部痛はおさまらず、また血液検査の数値もよくないと言われ、高リスクの妊婦さん向け完全個室に移動します。
PICKUP