暮らし 工夫 お金 家計管理 節約

赤ちゃんができたらすぐに始めたい!苦手な人でもできる「無理ない貯金」

26

 

前回は家計簿をつけない家計管理のお話をしましたが、家計の基本は毎月の収入の範囲でやりくりすることです。家計のやりくりができるようになったら、次は貯金ができる家計を目指しましょう。

 

「家計はある程度管理できて赤字ではないけど、貯金がなかなかできない」と言った声を聞くことは多く、金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査』(2015年・二人以上世帯調査)によると、金融資産(預貯金・有価証券等)を保有していない世帯が30.9%との結果が出ました。

 

今回は、少しでも貯金できるようなヒントを2つお話します。

 

続きを読む

1.毎月決まった金額を強制的に積み立てしましょう

家計管理は前回の内容でもお伝えした、収入-支出=貯金でなく、収入-貯金=支出という考え方を基本としていただきたいのですが、支出の前に貯金ができるようにするためには、使う前に強制的にお金を貯める仕組みをつくることです。

 

勤務先で、“社内積立”や“財形貯蓄”ができるところは、給料が口座振り込みされる前に積立ができるので、自然とお金が貯まっていきます。勤務先での天引きができない方は、銀行などで毎月決まった金額を積み立てる“自動積立定期預金”※1を活用して、生活口座とは別の口座に強制的に貯まる仕組みをつくりましょう。


純金・プラチナや投資信託の毎月積立、かけ捨てでない生命保険で積み立てる方法もありますが、これらは元本保証が原則なく解約するときは、元本より増える可能性も減る可能性もあるので、10年以上先に使う目的での積立や余裕資金で積立をするのが一般的です。

 

ある程度の金額が貯まるまでは、元本保証のある“財形貯蓄”や“自動積立定期預金”を中心に貯めるといいでしょう。

 

※1:金融機関によって名称が異なります。毎月決まった金額を自動的に積み立てする預貯金のことです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。